やっぱり参加できなくなった!エントリー後でもキャンセルする方法。

どんな大会でもエントリーした全員が参加する事はあり得ない。エントリー者の8割参加が平均だろう。大会への参加エントリーは数ヶ月前から始まるが、大会当日になると仕事...

記事を読む

紫外線や日焼けを防ぐアーム&レッグカバーで灼熱の夏も快適に走る。

どんなに日差しの強い日でも日焼けしたくない。日焼け止めを塗っても汗で投げれてしまう。なので、アームカバーとレッグカバーを購入した。太陽に焼かれるような「ジリジリ...

記事を読む

ツールド東北の走行管理ライダーに当選した!育成プログラムの内容。

3月に応募していたツールド東北・走行管理ライダーの抽選結果が出た。ずばり当選!走行管理ライダーとは参加選手が無事にゴールできるようサポートするライダーの事。ロー...

記事を読む

STY完走率58%の理由を徹底調査分析!フィニッシャーベストの為に。

麓エイドに間に合わなかったSTY選手もそれなりにいた。ギリギリで通過した私は本栖湖を目指した。途中の端足峠で時間切れとなり、本栖湖の関門には間に合わなかった。2...

記事を読む

STY麓エイドで関門閉鎖?最大の難所、熊森山から本栖湖への道のり。

麓エイドを関門閉鎖時間の23時に出発した私。次の本栖湖エイドまでの10Kmを2時間20分で通過する必要がある。これがロード区間なら楽だが、壁のような端足峠を登ら...

記事を読む

STY92Km体験感想記!天子山でUTMF選手が続々出現するも天狗岳へ。

STYで最難関の場所は天子山と思っていたが、それは序章に過ぎなかった。天子山は標高1330mだが、熊森山は標高1575mの急登。天子山は最初緩やかな登りで、頂上...

記事を読む

STYこどもの国から河口湖までの山中を走れ!92Km制限時間との戦い。

2018年4月27日UTMF・STY開催当日。静岡県こどもの国で受付を済ませて装備チェック。確認されたのはレインウェア上下・サバイバルブランケット・点滅灯・ライ...

記事を読む

STY静岡から山梨まで92Km走った!大会前日の過ごし方と攻略体験記。

富士山を半周(STY)する為に電車とバスに乗って10時間。静岡県こどもの国に到着。当然ながら自然一杯の光景だ。ハセツネCUPのように大勢のランナーが敷地を埋め尽...

記事を読む

UTMF・STYの参加案内を準備して大会当日、富士山子どもの国で受付。

ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF・STY)の参加案内が来ない。大会まであと2週間なのに…と思っていた。そうしたらメールで参加案内や富士山こどもの国への入...

記事を読む

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平どっちに出走?

最初は「越後カントリートレイル」にエントリーして、北丹沢12時間耐久レースに出場しようと思っていた。だが、6月に開催される大会を調べてみると「スカイライントレイ...

記事を読む

東北風土マラソンは前夜祭に食べて走る大会!当日、集合した芸能人。

東北風土マラソン前回記事の続き。長沼のコースも2周目に突入。この頃からフーテンの寅さん(仮装)が出現。走りづらそうな服装と大きなバッグが特長。21Km過ぎても走...

記事を読む

東北風土マラソンのコスプレ仮装ランナーと写真撮影!はっとン出現。

次のエイドの南三陸町「めかぶの味噌汁」も良かった。海藻の入った味噌汁なら珍しくないが、「めかぶ」ならでは歯応えと味がよく出ている。美味しい食べ物が続々登場する東...

記事を読む

東北風土マラソン結果!コース上のステーキとフカヒレでサブ5達成。

宮城県で開催される2つのフルマラソン。1つが宮城復興マラソンで、もう1つが今回の風土マラソンだ。宮城復興マラソンが都市型マラソンなら風土マラソンは地方のマラソン...

記事を読む

UTMF・STYの装備チェック対策!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。

いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えて...

記事を読む

STYに初挑戦!天子山地を攻略する為の必携品とタイムチャート作成。

STYを完走したいと思ってから4年が経過した。落選すること3回の2017年は開催されずの4年間。だが、2018年4月、STYを完走する時が来た!92Kmを20時...

記事を読む