Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

第67回富士登山競走2014五合目コース。ヒルクライム

67回富士登山競走パンフレット

ツール・ド・東北2014の走行管理クルーに応募した。(抽選)
ボランティアに参加するとはなんて素晴らしいんだ!

実際にはロードバイクで走りたいだけ(笑)

Sponser Link

富士登山競走前回記事の続き。

富士北麓公園陸上競技場行きのシャトルバス乗り場に向かうとそこにはロードバイク乗りの姿があった。

この富士山五合目までロードバイクで登って来たという事か!?

恐らく一本道でショートカットは無いと思うが、五合目まで複数台登って来ている。
これがヒルクライマーの力なのか!?坂が坂でないように登っている。

ロードバイクで五合目まで登るとは大したものだ。
(Mt.富士ヒルクライムの試走!?)

しかし、ロードバイク乗りから見たら生身で登って来たランナー達を凄く思うのかも。

その後、富士北麓公園陸上競技場に到着したものの荷物が預けた時と受け取った時で状態が変化している(・_・;)

袋に入れて荷物を預けたのだが、むき出し状態でナンバーもなしで放置されている。

見つけたので良かったと思ったら一部の荷物が無くなっていた。

なんでもスタッフ達はトラックから荷物を投げて扱っていたとか・・。

荷物を預けるのも恐ろしいな。

着替えと昼食に時間を使いすぎて富士山駅行き無料シャトルバスでは次の高速バスに間に合わない事が判明(T_T)

やむなくタクシーで富士山駅へ。

出費は痛いが無事に高速バス1に乗る事が出来た。
そのバスで新宿に向かって進むと「渋滞の為、到着が1時間ほど遅れる」とアナウンス有り。

今度は高速バス2に間に合わない(T_T)
新幹線を使うしかないのか・・。

絶望的な状態であったが、高速バス2の発車直前に到着できた。
これで恐れるものは何もない(^^)

でも富士山五合目の富士急雲上閣付近の土産物屋と富士山の景色をゆっくり見たかったな。
山頂まで登山もいいかも知れない(^^♪

と言う事で富士山に一緒に登ってくれる花嫁募集中!