Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

スカイライントレイル菅平50Kの関門は要注意!牛だらけのコース。

スカイライントレイル菅平50Kの関門は要注意!牛だらけのコース。

スカイライン菅平は前日と当日の受付がある。前日は上田城を観光してたので、当日に受付した。あらかじめ送られたハガキを提示するとパンフレットと参加賞Tシャツが渡される。スタートとなる会場は狭くて座る場所もあまりない。なので、走る状態で来るべきだ。

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平どっちに出走?
最初は「越後カントリートレイル」にエントリーして、北丹沢12時間耐久レースに出場しようと思っていた。だが、6月に開催される大会を調べてみると「スカイライントレイ...

スタート直後は舗装路を走る。下りでスピードは出るものの、道幅が広いので問題ない。下りが終わると急激な登りが始まる。スカイライン菅平は「一気に登って下る」を繰り返す。20Km付近までは難易度の高い場所はない。その後、頻繁に牛が現れるようになる。

Sponser Link

スカイマラソンとスカイハーフ。

スカイライントレイル菅平50Kの関門は要注意!牛だらけのコース。

牛は放牧されていて、手の届く距離にいた。牛と写真撮影したいが、時間がないので断念。もっとトレイルランの走力があれば時間に余裕ができるんだが。そして20Km弱走るとスカイハーフがスタートする。22Kmの距離を走る選手達だ。

紫外線や日焼けを防ぐアーム&レッグカバーで灼熱の夏も快適に走る。
どんなに日差しの強い日でも日焼けしたくない。日焼け止めを塗っても汗で投げれてしまう。なので、アームカバーとレッグカバーを購入した。太陽に焼かれるような「ジリジリ...

スカイハーフが勢いよく下ってくる道と合流する。スカイハーフはスタートしたばかりだから元気一杯だ。50Km走るスカイマラソンの選手もスカイハーフの選手達についていけないと関門突破が難しくなる。やがてスカイライン菅平最大の難所が訪れる。

標高2000mの山での激闘と関門。

スカイライントレイル菅平50Kの関門は要注意!牛だらけのコース。

スカイライン菅平の最大の難所は後半に訪れる。標高2000m前後の山が2つあるのだ。最初の山を関門時間までに突破すればゴール確実となる。スカイハーフは山を1つしか登らないから30Km付近でお別れとなる。スカイマラソンは下りが続く。ツツジと牛が沢山いるコースだ。

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平のどっちに出走?

この下りは兎に角、速く通過したい。長く続く下りとその後の林道は時間稼ぎのポイントだ。登りに入ったら走るのは困難。走力がないと歩くのもやっと。とてつもなくキツイ登りなので、覚悟が必要。山を登りきった所に大会関係者がいた。なんと時間がないらしい。

37Km地点の関門を突破せよ。

スカイライントレイル菅平50Kの関門は要注意!牛だらけのコース。

関門時間をよく見てなかった。てっきり14時だと思ってた。だが、13時間門だと言う。この時点で、ほとんど間に合わない。だが、可能性があるなら挑戦したい。私の前後にいた選手達は最後の勝負に出る。

やっぱり参加できなくなった!エントリー後でもキャンセルする方法。
どんな大会でもエントリーした全員が参加する事はあり得ない。エントリー者の8割参加が平均だろう。大会への参加エントリーは数ヶ月前から始まるが、大会当日になると仕事...

時間が無いのに登りが現れる。登り切ったと思ってもまた登り。ようやく下りに入る。下りに入ればガンガン飛ばせる。スカイライン菅平に限らず、下りは短距離の様に飛ばす。やがて外国人女性2人組と遭遇。諦めたのかのんびり進んでいた。

下りはぶっちぎって関門目指す。

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平のどっちに出走?

山から舗装路に出る直前、13時になった。ゴールまでの体力は充分あるのに、時間配分がまずかった。そもそも13時から14時の間に関門通過する予定だったからな…。37Kmの関門に着いたのは13時5分。今からでもゴールする体力は残してある。

スカイライントレイル菅平50Kmを走破せよ!真紅の赤で燃え上がれ。
スカイライントレイル菅平の日がやってきた。週間天気予報では降水確率100%の雨だったが、当日になると40%に低下した。結果、雨は降ることなく、走るには最適な天気...

時間的にも山を1つ登るだけ。17時には間に合う。関門が13時と知ってれば30Kmからの下りと林道で奮戦したんだがな。結局、ゴールまでの体力を残した状態でシャトルバスに乗る羽目となった。ゴール会場に着いたら目の前の宿泊施設で温泉入浴。帰路に着く。