Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

初めてビアンキのロードバイクに乗った感想(チェレステカラー)

ビアンキのロードバイクピンクカラー背景あり。

2014年のトレイルラン・フルマラソンそしてツールド東北も終わってしまった。次回は来年3月にフルマラソン。それまで目標になる大会はないか・・。と思っていたらあった。「常磐自動車道開通記念サイクリング」である。

10月に千葉アクアラインマラソンで高速道路を走ったばかりだが、今度はロードバイクで高速道路を走行する。エントリー期間が短いと思ってたが、申込数が多くて早期終了となった。
いったい開始から何日で定員に達したのだろうか。開始当日にエントリーしといて良かった(^^)

90kmなんて走行した事ないので、11月に良い目標ができた。8月末に予約してたビアンキのロードバイクは11月1日に到着した。ビアンキの専用箱でそのダンボール箱を結ぶ紐からしてチェレステカラー。

10月から探していた初代ロードバイク(ジャイアント)の引き取り手も見つかったので、絶妙のタイミングで世代交代である。これからしばらくはロードバイクでの修行が続く。福島県の高速道路をチャリダーがロードバイクで走行して来た。

アミノバリューランニングクラブ2014の練習会も先日終了した。皆のあまりの速さについて行けない^^;1週1kmのコースで周回遅れならまだいいが、2周回遅れだ(笑)弱虫ペダルの小野田坂道が平坦苦手なように私も平坦は苦手なのだ。それはランニングでもロードバイクでも同じ。さて予約していたビアンキのロードバイクが11月に到着した。注文から2ヶ月と1週間。思いのほか早い納車である。

Sponser Link

早速、真新しいロードバイクに乗ってみる。

これは・・。凄い!これが本物のロードバイクか(・∀・)物理的ではなく、感覚的に全体が軽く感じる(動作とか)と言うのも初代ロードバイクは外観こそロードバイクだが、性能はロードバイク!?という代物だった。デュアルコントロールレバーも親指で操作するタイプだったので、新型になれるのに1時間ほどかかった。

私は常に下ハン持つので、そのままシフトチェンジできるのが非常に楽だ。

通常走行での速度も25km前後だったのが、30km近く出るようになったと思う(体感)
(マラソンでもロードバイクでも計測のたぐいは持ってない)

それと初代は真紅のレッドカラーだったので赤い彗星のシャア気分だったが、2代目はチェレステカラーなので、落ち着いて乗れる。コンポーネントはクラリスからソラに進化。初心者である私にはシマノSORAで十分だ。

坂が登りやすく、平地も9速で問題ない。コンポは島の空でカラーはミラノ空(イタリアの空)新車を手に入れたばかりだが、次回(数年後)はインテンソの105かティアグラが欲しいと思うのであった。