Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

外秩父トレイルラン44灼熱の暑さで水不足に陥るピンチに!?

埼玉県外秩父トレイルラン43のスタート地点に集まるトレイルランナー達。

外秩父トレイルラン前回記事の続き。その後、寄居橋を通過して外秩父トレイルランコースの下見をする。コース表示版がほとんどない為、何度も何度も道に迷って正式なコースを見つけられない。恐らく5km地点だと思うが、急な坂を登ることになる事を知る。

長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。そ...

早朝に寄居に到着し、超寝不足状態である上に30度を超す暑さの為、撤退を開始する。 スタートから舗装路を走り、急な坂を登ると言う事を知っただけでも来たかいがあった。次は鉢形城だが、特に何もない。城の名残があると思って楽しみにしていたのだが・・。

46時間計測のGPS時計でトレイルランを極めろ!UTMF・UTMBに必須。
以前からいいなと思っていたエプソンの「MZ-500S」。半年後に購入しようと思っていたが、アマゾンを見たら安かったので、急遽購入決定。これまで使っていたポラール...

これまで山形城(霞城・霞が城)仙台城・白石城と見てきて、いずれも見どころはあった。仕方ないので、宿に戻る事にする。途中のコンビニでガリガリ君梨味を食べ、一時の冷たさを満喫する。

Sponser Link

いよいよ第1回外秩父トレイルラン44レース当日。

仙台泉ヶ岳トレイルランで後送担当ボランティアしたら驚愕の事実が!

寄居町役場からスタートなので、近くに宿泊していた。おかげで楽にスタート地点に行ける。
スタート時は特に音が成るわけでもなく、いつの間にかのスタートとなる。ここから第1エイドステーションまでの舗装路を走るのが1番きつい。

STYに初挑戦!天子山地を攻略する為の必携品とタイムチャート作成。
STYを完走したいと思ってから4年が経過した。落選すること3回の2017年は開催されずの4年間。だが、2018年4月、STYを完走する時が来た!92Kmを20時...

30度を超す灼熱の暑さの中、苦手な舗装路を膝の痛みが出ないよう慎重に走る。5kmほど走ると今度は急な坂道。 これはもはや走る事はできない(^_^;) なので、歩いて上を目指す!その途中で、足を止めて電話してる女性を発見!

夏の猛暑で、スタート直後にリタイアか?

日本山岳耐久レース脱水状態で意識朦朧。 暑いから動くと汗が出る。汗が出ると水分が欲しくなる。水分は所持してないから運動を抑える。歩くだけだから進むのにかなりの時間を要する。とんでもない悪循環だ。初参加の時より2時間以上遅れて移動してる。まさか、第2関門の制限時間も危うくなるとは思わなかった。 例え、月夜見でポカリスエットを飲んでも完走は難しい。なので、月夜見直前(40Km付近)の所でリタイアした。トレイルランナーになってから30以上の大会に出場してきたが、自らの意志でリタイアするのは初めてだ。 日本山岳耐久レースを途中リタイアするとこうなる。 ボランティア・スタッフにリタイアを告げると既にリタイアした選手が寝ていた。この時深夜3時。第1関門から水を飲んでないので、1リットル貰って飲み干した。私も眠りたい所だが、回収車が来る地点まで移動するようだ。エスケープルートを15分ほど下ったらテントがあった。 テントで計測タグを回収され、名前を確認。その後、味噌汁とココアを飲める。充分な位、水は飲んだが、暖かい飲み物だと前進に染み渡る感じがする。眠いので、リタイア者用テントに移動。かなりの広さで、15人は寝れそうだ。20分ほど横になったら回収車が来た。 日本山岳耐久レースで15時間完走者を見送る。 回収車に乗せられてゴール地点に到着。続々とランナーがゴールしてる。朝4時なので、15時間前後のゴールである。車を使っても走って来たトレイルランナーより遅いんだもんな。6月に参加したスパトレイルを思い出す。 ハセツネCUPのゴールした選手達を横目に豚汁を食べる。前回入手できた完走証とフィニッシャーTシャツは得られず。今年は派手なピンク色だから欲しかった。今年はスパトレイル・蔵王トレイルラン・ハセツネCUPと全てゴールできなかった。 だが、11月にファントレイルズ100K(FTR100)がある。これを完走して2018年のSTYに挑戦するのだ。その前に体力回復が重要。武蔵五日市駅でサンドイッチとオレンジジュースを購入して新宿駅へ。新しくできたバスターミナル「バスタ」を利用して帰路に着くのであった。

リタイアだろうか!?でもその気持良くわかる。私が第1エイドに付いた時も既にリタイアを申し出るたランナーがいた。 この第1エイドでは午後の紅茶のストレートとミルクティーがあった。 レース中にこれらの物を飲みたくないが、これしか無いと言う。

UTMF・STYの装備チェック対策!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えて...

水が無い為、ハイドレーションへの水分補給も無し。 なんとか前半の難所を超えるとトレイルに入る。 これで足への負担は軽くなり、日差しも避けられる。登りは歩き、平地では疲労を回復させ、下りは走るというスタイルで進む。 やがてハイドレーションの水がなくなってしまった(T_T)

暑い中走って水がなくなったら生命に関わる。

速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。

そして第2エイドに到着。ここではなんとビックリ!!水が無い。 水がなければ走れない。 幸いスタッフの持参してた水を少し分けてもらう事ができた。 水が少ないので、心もとないが、時間もないので、先を急ぐ。

越後カントリートレイルとスカイライントレイル菅平どっちに出走?
最初は「越後カントリートレイル」にエントリーして、北丹沢12時間耐久レースに出場しようと思っていた。だが、6月に開催される大会を調べてみると「スカイライントレイ...

水が少ない状態だったが、次の第3エイドステーションを目指してスタートする。 ここまで小林みかん園の第1エイドと釜山神社の第2エイドを通過している。暑さの厳しさは変わらないが、足へのダメージは少ない。 参加前は8割ほどトレイルかと思っていたが、一般の舗装路も結構ある。 時に綺麗な景色が見れる。この時の天気は晴れだったが、夕方にとんでもない天気に変化する。