Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

蔵王ヒルクライムエコとロードバイクのパンク修理

ロードバイクイベント蔵王ヒルクライムエコ2014のパンフレット

今日は久々に走った。トレーニングメニューはロードバイク25km・ランニング15km・ロードバイク25km。トライアスロンならぬ変則的なデュアスロンだな(・ω<)

(本格的に)自分の足で走るのは2014年10月の千葉アクアラインマラソン以来かも知れない(^_^;)と言うのも11月に2台目(2代目)のロードバイクが来てからペダルを回す事に専念している(^^)最初は平坦な道を走行していたが最近では坂道を求めて走り、登っている。クライマー精神だ(笑)

Sponser Link

蔵王ヒルクライムエコは火山活動で中止。

そんな中、気にしていたイベントが蔵王ヒルクライムエコである。今現在の私では到底太刀打ち出来ない為、2016年にでも参加しようと思っていたら2015年大会からの休止宣言(-_-;)原因は蔵王の火山活動によるもの。参加するしないはライダー(チャリダー)が決めるものだから噴火が怖ければ参加しなければ良いだけだ。

大会側が開催しなければどうにもならん。休止宣言だけに翌年以降も再開は未定だろうし、1度休止したらそう簡単に再開できないだろう。一方で今年も開催される蔵王トレイルラン。これは意外だった。山そのものを走るので中止だと思っていたら今年も開催される。

参加したいが移動手段のない私にとってエントリー費用の他にバス代・宿泊費・トレラン講習代が発生するのは厳しすぎる。※セットなので解除できない。なので今の所8月は参加せず、9月のOSJ安達太良山トレイルランとウルトラトレイル・マウントフジ(STY)を走る予定。

ロードバイクで出かける際、後輪の空気が全く無くなっていた。

とりあえず空気を入れたら充填できたのでそのまま走行したのだが、数時間後に再び空気が無くなった(-_-;) ロードバイク歴2年でパンクしたのは2回。 いずれも即時にタイヤがペタンコになったのですぐわかったが、このような事態は初めてだ。サイレントパンク!?

パンク修理は簡単だが、あいにく携帯ポンプが不調で空気が入らない 1時間ほど粘ったが空気入れが使えないのではどうにもならん。 結局帰りの15kmをパンクしたまま走行するのであった。 空気抜けたのが近場で良かった(^_^;)

仏式空気入れも新調せねばならんな。 後輪がパンクするとホイールとタイヤの間で「ぐにゃっと」動いて走行しづらい。 シートに座ると重さで更なる被害が起きそうなので腰を少し浮かして走っていた。そんな状態だとハンドルも取られる。

今回は新たな空気入れ導入と緊急時の走行方法を学んだ。 ロングライドに出た時でなくて本当に良かった(・ω<)本当はスプリント特訓をしてくたくたになって帰宅する予定だったが、トレーニングでぶっ倒れるのは延期となった。 トレーニングが楽しくて楽しくて仕方がない(・∀・)