Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

プロトレイルランナー鏑木毅も勧めるGPS登山時計MZ-500を評価。

ソネット0SIM・RM02のスマホとM400HR・MZ500の時計を評価した少女。

ソネット0SIMを使用して3ヶ月。どれ位の容量を使用しているかと言うと1ヶ月で150MB程度。500MBまで無料なので、3分の1しか使ってない。

スマートフォンは電車の時刻表を調べたりメールを確認するのが主目的だからな。同時期に購入したM02は画面が大きくて片手操作は難しいが、画面は見やすいので大してスマホを使わない私には丁度良い。※以下RM02とM02を統一してRM02と記載。

アローズRM02のおサイフケータイにポイントカードを集約した。
東京マラソン2016完走褒美として購入したRM02。その後、マイネオ・イオンモバイル・楽天モバイルDMMモバイルと安くて使える格安SIMを調べた結果So-net...

収納している電子マネーはヨドバシカメラ・マツモトキヨシ・マクドナルド・楽天EDY・WAON・モバイルSuicaと6種類。

Sponser Link

モバイルSuicaの動作に電池が必要。

トレイルランのトレーニング後は艦隊これくしょんで遊ぶ少女。

ある日RM02の電池がない事が判明。ほとんど時計代わりとしか使ってないので、大した事ないなーと思っていたら。モバイルSuicaが使えない事に気づいた。ネットで調べると改札内で電池切れすると「現金払い」になるようだ。

SIMフリースマートフォンarrows RM02をSo-net格安0円で使用。
2016年上半期の一大イベント東京マラソンが終了した。無事に完走メダルを入手できてホッとしている。なんたって一般のマラソンのように「来年再挑戦!」って訳には行か...

電池切れが改札外で良かった。仕方ないので、携帯ショップで充電。今はロッカーみたいにスマートフォンを充電できるんだな便利だ。

充電したので無事改札を通過できた。携帯ショップに入ったのは何年ぶりだろうか…。近年は「ゲオ」で本体だけ買ってたからな。

ポラールM400HRとエプソンMZ500の使用感。

ポラールM400HR心拍センサー付GPSランニングウォッチを付けたランナーの女性。

トレイルランナー歴3年目で初めて買ったランニングウォッチがポラールM400HRだ。心拍計が付属していてデザインが良かったので、この時計に決定したのだ。ベルトは太めでしっかり固定されるし、操作系がシンプルで使いやすかった。

ポラールM400HR心拍センサー付GPSランニングウォッチ。
これまでトレーニングやスポーツイベントに計測機器を持たずに参加していたが、心拍数を把握してトレーニングするとその日の疲労感や調子がわかってより効率的に練習できそ...

一方、電池が長時間もたなくて6時間で電池切れに陥る。フルマラソンなら問題ないがこれからウルトラトレイル・マウントフジを走るランナーにとっては役不足。

トレイルランニング用にGPS登山時計エプソンMZ-500Sを購入。
2015年末にアップグレード開始されたWindows10を1月中旬に導入したぜ!これまでは不具合がありそうでアップグレードしなかったが、そろそろバグもなくなって...

って事でエプソンのMZ500を購入。時計に限らずこんな高い物を買う事はないから思い切った買い物だ。※似たような機能で良好なデザインのSUUNTO AMBIT3 VERTICAL と言う時計もある。

プロトレイルランナー鏑木毅も使用するエプソンMZ-500

初心者向けトレイルランニング練習会に参加する若い女性達。

実際にトレイルランで使ってみたが、操作がわからん。適当にボタンを押してみるとなんとなくわかってきた。こうしてみるといきなりガンダムを使いこなす奴は凄すぎる(笑)機能としては現在の高度が見れるのは便利だ。

鏑木毅のエプソンMZ-500と奥宮俊祐ガーミンfenix3J Sapphire比較。
初めて購入したGPS時計はポラールのM400HRだったが、電池が6時間しかもたないのが残念。あと、心拍センサーを胸に巻くのが冷たくて嫌だった。更に心拍センサーは...

まだまだ使いこなせてないので、トレイルランの練習の中で操作を覚えて行きたい。MZ-500の初陣は青森県の「岩木山トレイルランニングフェスティバル2016」となる。