Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

秩父市の小持山で滑落死亡事故発生!大会参加者の目撃情報と証言。

埼玉県秩父市の小持山で滑落死亡事故!大会参加者の目撃情報と証言。

埼玉県秩父市の小持山で滑落死亡事故が発生した。スポーツのトレイルランニング開催中の出来事である。トレイルランニングとは自然を感じながら山を走る競技。自然と関わりのない若者達はもちろん、老若男女問わず山と交流ができる素晴らしいスポーツである。

FunTrails50K完走時のトレイルランニング装備を一挙公開!FTR100
FunTrails50Kを無事完走したので使用したトレイルランニング装備を公開する。このFT50は雨の中でのスタートとなり、道中も濡れた路面と泥道に苦労した。ト...

トレイルランニングをする人をトレイルランナーと言うが、心から山を愛する人が多く、マナー意識も高い。山ではハイカーや登山客に道を譲り、挨拶する事で交流も生まれる。そんなトレイルランナーの参加する大会「ファントレイルズ100K秩父・奥武蔵」での出来事だ。

Sponser Link

ファントレイルズ100K大会中止までの経緯。

奥宮俊祐選手とハイタッチしてトレイルランニング大会FT50を走る。

2017年11月17日(金)この日は大会前日と合って受付の為、大勢の選手達が秩父に集まった。必要な装備品(健康保険やレインウェア等)を受付で確認するのだ。52Kmと105Kmの部の2種類が開催される。この大会前日は晴れたが、翌日は降水確率70%になっている。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバン...

2016年の大会が開催された時はスタート前から大雨が降り続いた。2017年は雨が降ってない。昼頃から雨が降る予報だが、小雨程度のようだ。(結果、雨は降らずに最高のトレイルランニング日和となった。更に19日は快晴)105Kmを走るFTR100は朝5時スタート。

天気・気温ともに山を走るには最高の条件。

トレイルランニングに興味あるなら知っておきたい!よくある質問集。

秩父駅周辺から武甲山・小持山・有馬山・金平山と言った山々を走り、制限時間33時間内に再び、秩父駅周辺にゴールする。今回の問題となった場所(小持山)は15Km地点になる。小持山は標高約1300mあり、大会で1、2を争う山の高さだ。

ハセツネCUP直前対策!水食料の必要量と夜間走行の準備を万全に。
UTMBや信越五岳トレイルランが終了していよいよハセツネCUP(日本山岳耐久レース)の時期となった。ハセツネCUPに挑戦するのは2015年の時依頼、2回目。前回...

夜が明け、周辺が明るくなる。大会当日の平均気温は10度前後で、走るには最適。汗を掻くと水分消費量が多くなり、水を多く持たなければならない。その点、大会当日は走るだけでなく、登山やトレッキングにも最適な天気と言える。

ファントレイルズ100Kと小持山。

上宮逸子選手と宮城県定義・作並温泉トレイルランニングを走った。

私はFTR100のコースを進んで、小持山・大持山を通過したが、特に危険箇所はなかった。FTR100に参加する選手は過去2年間のトレイルランニング大会で、50Km以上を2度完走してるか、100Kmの完走が必要である。

UTMFとSTYの抽選に応募!エントリー前に必須の確認事項とは?
ウルトラトレイル・マウントフジ(STY)に応募した。STYへの挑戦(抽選)は4度目である。2014年から2016年まで落選。2017年は開催されずで、2018年...

つまり、トレイルランニング経験豊富で、トレーニングも充分に積んだ選手達が参加するのだ。そうでなくても日々、ハイカーやトレッキング愛好者が通過する登山道である。特別な訓練をしなくても問題なく通過されてる場所だ。

ファントレイルズ参加者の目撃情報と証言。

UTMF・STYに落選後、先着2次募集でエントリー完了。

そんな小持山での事故発生時間は9時と見られる。スタートしてから4時間しか経過してないからまだまだ体力のある時間帯だ。場所は小持山を下って、大持山に向かう場所だ。具体的な場所が公表されてないからガレ場の走行中なのか、巨大な岩場を登る時なのかは不明だ。

必携装備品を準備してFTR100に初挑戦!ファントレイルズ完走へ。
2016年にFT50を完走して2017年はFTR100に挑戦。長距離のトレイルランは安達太良山と日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)を含めて3大会完走している。...

9時11分に目撃者から大会本部に連絡。大会スタッフが到着するも滑落者は見つからず、返答もない。どうやら滑落直後に意識がなかったらしい。

大会中止は残念だが、今後に活かして欲しい。

9時55分、大会運営者が救助要請。埼玉県防災航空隊員2名がヘリコプターで出動。11時47分に登山道から100m下で滑落者を発見。12時9分にヘリコプターに滑落者を収容して病院に向かうも助からなかった。

UTMF・STYの抽選結果発表!装備チェックして新コースを走ろう。
UTMF・STYのエントリーが締め切られ、あとは抽選結果を待つばかり。ウルトラトレイル・マウントフジ2018の抽選結果は11月21日にメール送信される。応募者は...

今回の事故も残念だが、参加する選手にとっても非常に残念である。1年間準備してきた人や遠方から来た参加者もいるのだ。突然の大会中止に選手達は落胆する。運営側はそんな選手達にも配慮してほしいものだ。