Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

ファントレイルズ100Kジェントスヘッドライトを頼りにFT50を完走。

ファントレイルズ50Kジェントスヘッドライトを頼りにFT50を完走。

飯盛峠のエイドステーションを通過して飯盛峠も突破。ツツジ山や狩場坂峠を進んでる時にこれまでより霧が濃くなって風が吹き荒れるようになった。視界は限られるし風で寒さを感じる。身体が冷えない内に県民の森のエイドステーションに着かないとまずい事になる。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100K・FT50体験記。
2016年も各種大会に参戦して11月は最終戦のFunTrails100K(FT50)となった。今年は2月の東京マラソンを走ってから岩木山トレイルランニングフェス...

道中、1m以上もある巨大な岩を超えながら県民の森を目指す。40Km地点を通過する時にはだいぶ風が収まってきた。これなら体の芯が冷えない内に県民の森に到着できそうだ。だが、今度は周囲が暗くなってきた。※以下、本文の内容と画像は一致しない

Sponser Link

寒さを耐えたら今度は暗闇。

ファントレイルズ100Kジェントスヘッドライトを頼りにFT50を完走。

周囲は暗くなってきたが、あと1Kmか2Kmで最後のエイドステーションに到着できる。できればエイドステーションでヘッドライトと長袖を装備したい。コース途上で装備するのは大変だからな。地面に落としたら泥だらけになる。

ファントレイルズ100K飯能中央公園で必携品確認後FT50を走る。
2016年9月にOSJ安達太良山トレイルランを完走したら次の目標はファントレイルズ50K(FT50)の完走である。制限時間が昨年の14時間から15時間に延長され...

このFT50を走ってる時に少しだが、他のトレイルランナーと話す機会があった。ハセツネCUPの時もそうだが、同じ目標に向かう同志に思える。ウルトラディスタンスならではの出来事だ。

ジェントス・ヘッドライトHW-000Xを投入。

ファントレイルズ100Kジェントスヘッドライトを頼りにFT50を完走。

無事に県民の森のエイドステーションに到着。これで補給してヘッドライトと長袖を装備できる。ヘッドライトはハセツネCUPでも使用した「ジェントス・ヘッドライト・ヘッドウォーズHW-000X」だ。このHW-000Xには絶大な信頼がある。これさえあれば夜の暗闇も昼の明るさに変わる。頭に付けても違和感なく、電池も長持ち8時間。

ファントレイルズFT50を奥宮俊祐選手にハイタッチして走った。
FT50は飯能中央公園をスタートした。雨が降り続いて履いているモントレイル・バハダは既に浸水している。レインウェアの中に長袖シャツを着ているので、寒さは感じない...

エイドステーションでお粥入りの味噌汁で温まる。更にシュークリームで糖質補給。この県民の森から一部コースを逆走してゴールを目指す事となる。ここから再び山に入るのだが、その途中にあるお手洗いに寄って準備万端。

山より街中の方が道に迷いやすい。

ファントレイルズ100Kジェントスヘッドライトを頼りにFT50を完走。

県民の森のエイドステーションを出発してゴールを目指す。あと10Kmだし、下り基調だからほぼゴールしたも同然だ。あとはコースロストに注意するだけだ。42Km地点から47Km地点までひたすら下る。下りは楽しいな♪ゴールまで下りならどれだけ楽しいだろう。

ファントレイルズFT50ノベルティーベンチャージャケットで走る。
多峯主山を通過した頃にレインウェア内に着ていた長袖シャツを脱いだら涼しくなった。これで存分に走れる。とは言え脱いでる間に最後尾になってしまった。単独で走るとコー...

47Kmから最後の山を登ったら後は街中を走る。最後の山を降りて街中に出てからが問題だった。街中にある標識が微妙な場所を指していてどちらに進むかわからないのだ。一方は急登を登る道で、もう一方は下って街の人が住んでる場所に向かう道。

2017年はFTR100を完走すると心に誓う。

ファントレイルズ100Kジェントスヘッドライトを頼りにFT50を完走。

既に1回コースロストしてるので、あまり進まずに後続のランナーを待った。コース図を確認したら下って街の中心に進むようだ。なので、後はロードを走るだけでゴールとなる。これまではゴール直前は疲労で走れなかったが、9月のOSJ安達太良山トレイルランからゴールまで走れるようになった。

ファントレイルズFT50レインウェア姿で顔振峠から県民の森へ。
27Kmの顔振峠で水分補給後、県民の森を目指す。顔振峠のエイドステーションは簡素だから座って休む事はできない。(到着時刻13時)ここから2Km下るのは簡単だが、...

日々のトレーニング成果が出るのは嬉しいものだ。そして秩父神社でゴール!12時間以上の長旅を終えた。2017年はFTR100に挑戦しよう。100Kmのトレイルランニング大会を制覇したらUTMF完走も見えて来るだろう。「FunTrails50K完走時のトレイルランニング装備を一挙公開!FTR100」に続く。