Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

FTR100早期エントリーと宿泊先確保が重要!タクシー営業時間も注意。

FTR100は早期エントリーと宿泊先の確保が重要!ファントレイルズ。

2017年11月17日(金)この日は大会前日と合って受付の為、大勢の選手達が秩父に集まった。必要な装備品(健康保険やレインウェア等)を受付で確認するのだ。52Kmと105Kmの部の2種類が開催される。この大会前日は晴れたが、翌日は降水確率70%になっている。

UTMFとSTYの抽選に応募!エントリー前に必須の確認事項とは?
ウルトラトレイル・マウントフジ(STY)に応募した。STYへの挑戦(抽選)は4度目である。2014年から2016年まで落選。2017年は開催されずで、2018年...

2016年の大会が開催された時はスタート前から大雨が降り続いた。2017年は雨が降ってない。昼頃から雨が降る予報だが、小雨程度のようだ。(結果、雨は降らずに最高のトレイルランニング日和となった。2日目は快晴)105Kmを走るFTR100は朝5時スタート。

Sponser Link

FTR100にエントリー締切後の追加募集。

大阪マラソン受付にピーチ航空使ってインテックス大阪EXPO到着。

2016年にFT50を完走して2017年はFTR100に初挑戦。今思えばFTR100に参加しなければ良かったのかな?と思う。と言うのもFTR100は募集から3日程度で締め切られてエントリーできなかったのだ。その後、未入金者が多数いた為、再募集となった。

必携装備品を準備してFTR100に初挑戦!ファントレイルズ完走へ。
2016年にFT50を完走して2017年はFTR100に挑戦。長距離のトレイルランは安達太良山と日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)を含めて3大会完走している。...

つまり、ランネットの「ゆずれーる」を使ってFTR100の出走権を得たのだ。ランネットのゆずれーるを使うと追加料金500円発生する。それでも100Km以上のトレイルランで、制限時間33時間は魅力的だ。そしてエイドの品揃えも素晴らしい。なので、どうしても完走したい大会だった。UTMF5ポイントだしな。

秩父駅周辺の宿は予約満室でどうする?

ハセツネCUP完走時のトレイルランニング装備を公開した少女STY・UTMF・UTMB。

去年FT50走っただけに飯能駅周辺に宿を取ってしまった。FT50とFTR100ではスタート地点が違うので、これではどうにもならん。しかし、FTR100のスタート地点である飯能駅周辺の宿は確保できない状態になってる。いつも通り楽天トラベルで調べたら「新木鉱泉旅館」で予約が取れた。

UTMF・STYの抽選結果発表!装備チェックして新コースを走ろう。
UTMF・STYのエントリーが締め切られ、あとは抽選結果を待つばかり。ウルトラトレイル・マウントフジ2018の抽選結果は11月21日にメール送信される。応募者は...

トレイルランの大会前日に旅館に泊まれるとは贅沢だ。旅館だけに料金は安くないが、秩父の会場まで4Kmで、お迎えのシャトルバスもある。温泉で気力体力を充実させて大会に挑むのも悪くない。そもそも他に宿はないのだ。だが、問題もあった。

FTR100未知の105Kmに挑戦!

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100KのFT50体験記。

スタートが5時だから4時に会場入りすれば良い。と思ってたらタクシーが動いてない。タクシーって全国どこでも24時間稼働してる訳ではないんだな。これには驚いた朝7時から営業とはな。それでも旅館から会場まで4Kmなら歩いていけるか…。FTR100の105Kmに4Kmプラスだな。

秩父市の小持山で滑落死亡事故発生!大会参加者の目撃情報と証言。
埼玉県秩父市の小持山で滑落死亡事故が発生した。スポーツのトレイルランニング開催中の出来事である。トレイルランニングとは自然を感じながら山を走る競技。自然と関わり...

前日に装備チェックを済ませてるので、精神的に楽だ。大会当日に装備チェックを通過できなかったら出走拒否されかねない。朝の時間は気力・体力を充実させる貴重な時間である。

スタート前に集合写真撮影。途中、ブラックダイヤモンドのヘッドライトの落とし物があるとアナウンスあって周囲が失笑する。ライトがなければお先真っ暗だ。そしてスタート!次回に続く。