Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

冬の寒さに耐える!お勧め陸上競技用ロングタイツの効果を徹底比較。

冬の寒さに耐える!お勧め陸上競技用ロングタイツの効果を徹底比較。

2017年の夏は連続降雨記録を更新するなど全国で雨が続いた。そして秋になり、冬になる訳だが、我々アスリートは年中トレーニングするのが当たり前。だが、寒い冬で外に出るのは寒すぎる。そんな寒い冬を乗り切るロングタイツを発見した。それがワコール製CW-Xジェネレーター保温タイプだ。まずはロングタイツ、ジェネレーターの性能を見て行こう。

Sponser Link

ワコールCW-Xジェネレーターとエキスパート比較。

(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ ジェネレーターモデル (ロング丈) 吸汗速乾 UVカット HZO639 KO M [メンズ]

ジェネレーターもエキスパートもストレッチ・吸汗速乾性素材で快適に走れる。膝だけを気にするマラソンランナーならエキスパートモデルで充分だ。一方、複雑な足運びが必要なトレイルランニングはジェネレーターモデルが最適。女性用はHZY339HZY359HZY369の3種類で、デザインだけが異なる。

(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ ジェネレーターモデル (ロング丈) 吸汗速乾 UVカット HZY339 PU M [レディース]

マラソンを始めたばかりなら、ジェネレーターモデルの効果は有り難い。未熟なランナーでもジェネレーターが足腰をサポートしてくれる。もしくは最初にエキスパートモデルを買ってある程度使いこなしてからジェネレーターモデルを買う方法もある。もし興味があるならジェネレーターをお試しあれ。

重要な大会ではCW-Xのジェネレーターを使う。

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。

さて、冒頭のワコールCW-Xジェネレーターの話に戻る。ジェネレーターが届く前から気になってたのが「日本製」であるかどうか。CW-Xのタイツはベトナム製と日本製があるから日本製が欲しかったのだ。実際、最初に使ってたジェネレーターはベトナム製だった。

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。
これまでワコールCW-Xのジェネレーター(ロングタイツ)を使っていたが、両膝の部分が破けたので新しいタイツが欲しくなった。機能性タイツとしてのジェネレーターの性...

日本製だったので一安心。30Km以上の距離を走る時やトレイルランニング大会で使う事となる。なんたってCW-Xジェネレーターは着圧感があるからあまり疲労を感じない。多少、姿勢が曲がっていても真っ直ぐに矯正してくれる優れものだ。

東北宮城復興マラソンは初心者にお勧めの平坦コースで記録も狙える!
第一回の東北・宮城復興マラソンが開催された。宮城県初の公認コースとは言え、参加料金の高さで躊躇してしまう大会。参加料金13000円と言えば東京マラソンの1080...

しかもワコール製CW-Xなら破けても修理受付けしてくれる。どれか1つだけタイツを買うなら「ワコールCW-Xジェネレーター」以外ありえない。そしてこの冬に使うなら裏起毛の保温素材を使用したHOTタイプを買おう。「ワコールCW-Xジェネレーター保温タイプ」があれば冬でも暖かくトレーニングできる♪