Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

仙台国際ハーフマラソン高橋尚子さんとコスプレランナー達。

温泉に浸かってのんびりしているカピバラ1匹

仙台国際ハーフマラソン前回の続き。この付近でコスプレランナーをよく見かけた。ミニーマウスの女性・ゲゲゲの鬼太郎・目玉おやじ・タイガーマスク・スパイダーマン・SWAT等。 ランナーではないが、伊達武将隊の人も沿道から応援していた。

自分の足と体力の事を考えながら走ってたので、じっくり周りを見る余裕は無かった^^;それでも声援が多く、盛り上がる場所だったので闘志が燃えるのであった(^^)v その後、再び青葉通りへ。 全然疲れてないが、いつの間にか10Km地点に到着した♪10Km地点を通過し、3回めの給水ポイントである12.5Km地点を通過。

Sponser Link

関門閉鎖へのカウントダウン。

お手洗いに並んで時間消費。制限時間に間に合うのか?そこでお手洗いに向かうと5人程並んでいて5~6分のタイムロスとなる。 これまでは周囲のランナー達から「制限時間は問題無い」と言う声が聞こえていたが、コースに復帰した後は次の関門封鎖まで時間がない事を知る。

あくまで完走が目標なので、ここで温存していた「予備エンジン」を投入!(要するに体力を温存してた) 確かにスピードは上がるが、身体への負担も大きい(・・)この時、11時30分以降は走ってる人はまれで、歩いている人がほとんどだ。 なので、ごぼう抜きで、最終関門へ向かう!

仙台国際ハーフマラソンの制限時間。

最終関門(16Km地点)を目指す☆ 途中で坂道があったが、ロードバイクレースで地獄の坂道を克服した私にはそれほど影響は無かった。 そうこうしている内に最終関門へ到着♪

12時10分で閉鎖される所を12時5分で通過。 関門ではランナーをストップする為の人が待機していたので、歩かずにひたすら走り続けて来て良かった☆

この頃になるとコスプレランナー達の姿は見かけなくなった。 後はごぼう抜きしつつゴールである仙台市陸上競技場を目指すのみ!!

そして16Kmの関門を突破してから☆

最終関門を通過したので、なんとか完走はできそうだ。 この頃は歩っている人達が大半で私のように走り続けている人はまれである。(周辺は初心者グループ)

坂道などは歩っても良かったのだが、「走りに来たのに歩く事は許されない」と自分に言い聞かせて走り続けた。 それと力の限り戦って少しでもゴール時間と順位を良くしたかった。 以外にも故障している膝が持ちこたえてくれたのも良かった(^^)

そして表示が「あと5Km」4Km・3Kmとゴールが近いことを知らせる。 足のふくらはぎが限界に近く、無理をすれば走れなくなりそうだ。