Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

ファントレイルズFT50を奥宮俊祐選手にハイタッチして走った。

トレイルランニング大会FT50を奥宮俊祐選手にハイタッチして走った。

FT50は飯能中央公園をスタートした。雨が降り続いて履いているモントレイル・バハダは既に浸水している。レインウェアの中に長袖シャツを着ているので、寒さは感じない。街中を走るので、普通に信号機で止まる事もある。完走目的なので、小休止に丁度良い。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100K・FT50体験記。
2016年も各種大会に参戦して11月は最終戦のFunTrails100K(FT50)となった。今年は2月の東京マラソンを走ってから岩木山トレイルランニングフェス...

FT50の募集人数は600人だが、300人しかいないように思う。まあいいさ雨でも少人数でも完走する事に変わりはない。雨はしばらく止まないだろうから泥で滑らないように注意して走る必要があるな。モントレイル・バハダ(シューズ内)がこれ以上濡れない事を願う。

Sponser Link

FT50完走の為の作戦。

トレイルランニング大会FT50を奥宮俊祐選手にハイタッチして走った。

このFT50はゴールに近づく程、難易度が上がる珍しいコースだ。なので今回の作戦は3つに分けた。最初のエイドステーションがある17Kmまでは疲れないように走る。時間は問わないから無理せずに進むのだ。

ファントレイルズ100K飯能中央公園で必携品確認後FT50を走る。
2016年9月にOSJ安達太良山トレイルランを完走したら次の目標はファントレイルズ50K(FT50)の完走である。制限時間が昨年の14時間から15時間に延長され...

次に27Kmのエイドステーションまでは疲れが出てくるだろうから得意の下りを中心に走る。平坦であっても「舗装路は無理して走らない」ロードの経験が無いままトレイルランナーになった私は舗装路を走ると足を消耗しやすい。進めば進むほど難易度の上がるFT50のコースではいかに足を温存するかが大切。

2つ目のエイドステーションを通過して顔振峠を下るとコースの難易度が跳ね上がる。29Kmから42Km地点まで登りが延々と続く。これまで温存した体力がどれ程か試される。逆に42Kmのエイドステーションまで来てしまえば完走したも同然。下りだけなので、あっと言う間にゴールできる。

レインウェアの中はサウナ状態。

トレイルランニング大会FT50を奥宮俊祐選手にハイタッチして走った。

街中を走ったり山中を走ったりの繰り返しが続く。これは序盤に限らずコース全般に対して言える事だ。モントレイル・バハダの紐が簡単にほどけて走りにくい。他のランナー達が教えてくれるが、自分自身でもわかって走っている。

紐を結ぶタイミングがないのだ。どうにもならないが、愛用のスピードクロス3を使えないのは本当に残念だ。※サロモンの紐は絶対にほどけない。コース途中で奥宮俊祐選手とハイタッチ!コースを逆走してくるから一瞬誰かと思った(笑)

新調した「ノベルティーベンチャージャケットNP61515」が軽量で耐水性抜群なのだが、中に長袖シャツを着ているせいかかなり暑い。スタート前は寒さで震える程だったので、着ていたのだ。靴紐はほどけても走れるが、長袖シャツとレインウェアの蒸し暑さで全身の水分が奪われそうだ。

5Km走った頃に長袖シャツを脱いだ。体感温度は丁度良くなったが、周囲のランナー達は先に行ってしまった。もしかしたら最終ランナーになってるかも知れない。別に最後尾を走っても構わないのだが、コースロストだけが心配だ。トレイルランニングFT50次回に続く。