Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

IBF世界Sフライ級王座決定戦で世界初の3兄弟同時王者。

WBCのチャンピョンベルト

今日はベンチプレス18回 バーベルスクワット40回とレッグカール50回程で終了。いつも思うがバーベルを体に落としたら命がない。まさに命がけのトレーニングだ。 さて明日はボクシングWBA・WBC王座統一戦がある。個人的な予想だが、スピードで上回る井岡が勝つのではないだろうか!?

だが、八重樫の試合はタイトルを獲得した1試合しか見てないので、はたしてどんな戦いになるか・・。 更に勝者は二団体のベルトの他にスーパー王者の称号も得られるという非常に楽しみな一戦だ。

Sponser Link

ボクシング主要4団体。

昨日、WBAとWBCの体得が統一された。試合では井岡のジャブとディフェンスが良かったと思う。 ジャブで八重樫との距離を取り、攻撃されても巧みなディフェンスで回避していた。 八重樫も序盤から目が塞がったが最終ラウンドでもパワフルな攻撃をしていた。

最近でこそIBFやWBOに挑むことが可能となったが、以前はWBAとWBCしか日本(JBC)は認めてなかった。なので挑む場合はJBCに引退届を出して、海外で挑戦すると言うものだった。

海外では遥か以前からWBA・WBC・IBF・WBOをメジャー4団体として認めてきたし、オスカー・デラホーヤやマニー・パッキャオ等の複数階級制覇者もタイトルを獲得している。

さて今回の亀田大毅の試合だが、亀田家によくある「王座決定戦」である。

チャンピオンと戦わなくてもチャンピオンになれるわけだ。当初、試合内容はあまり期待してなかった。だが、実際に試合を見てみると大毅はガードを下げたスタイルでフットワークもよく使っている。スピード重視のようだ。フリッカージャブもよく出る。

ガードを下げて戦うのはナジーム・ハメドが有名だ。(・・と言うかガードしないで全ての攻撃を回避)いきなりの右ストレートも数回ヒットしていた。ロドリゴ・ゲレロがサウスポーに構えても戦い方に変化は見られない。だが、ポンサクレックの弟子と言うだけあってロドリゴ・ゲレロも強い。

結果は中差判定勝ちだったが、見た感じは2~3ポイント差が妥当だと思う。WBC世界バンタム級タイトルマッチでV4に成功した山中慎介と亀田家の誰かが戦ったら面白そうだ。それと今回は3兄弟同時王者だったが、ビタリ・クリチコとウラジミール・クリチコがヘビー級を兄弟で2分したように、4兄弟がいたら4団体制覇もありか!?