Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

2014蔵王温泉国際トレイルランニング大会標高1700m。

2014蔵王温泉国際トレイルランニング大会標高1700m。

アミノバリューランニングクラブを継続した。都道府県によっては早期募集終了したり、抽選になったようだ。更にランニングクラブに入会。UTMBやUTMF参加者もいるので情報を得たい。良い出会いに期待する(^^)

本日のトレーニングは12分間走で2500m走り、ロードバイクで40km。ロードバイクのタイヤを交換し、ギア・チェーン・フレーム清掃。今まで携帯用空気入れを装備していた場所にボトルケージを装備。これで水分補給が楽になる♪

Sponser Link

さて話は蔵王温泉国際トレイルランニング大会。

ロードランナーのウエストポーチはワコールHYO060が最適な理由。

スタート直後に衝撃(´・ω・`)いきなりの急登である。しばらくストックは使わない予定だったのに即使用となった。おかげで画像撮影はほんのわずか。ハセツネ30kの時は1km地点で終わったと思ったが、今回はスタート直後に思った(笑)

これにより指定席である最後方を走る事になる。スタート直後はひたすら登りが続く。
これを乗り越え、中盤以降挽回したいと思っていた。蔵王大権現・水神様といった地点をいつの間にか通りすぎてうつぼ沼付近に到着。この大会は全くと行っていい程道案内がないので、道に迷う(T_T)

トレイルランニング大会にありがちな道迷い。

UTMF・STYの抽選で落選して追加募集のエントリーに挑戦した女性。

幸い前後のトレイルランナーが集まり、地図を見ながら正規コースを進む。その後、ザンゲ坂・地蔵山・ワサ小屋跡と進む。この付近から標高も1700m付近となり、強風が吹き荒れる。霧が多くて視界も狭くなる。これでは蔵王名物のお釜は見えまい。

富士登山競走のパンフレット一式が届いた。参加賞のウエストポーチ(アクティブポーチ)とクーポン券も付属。随所に富士登山競走新デザインのマークが印刷されている。さすが参加費1万円の大会はパンフレット等豪華だな。(五合目コース)さて話は蔵王温泉国際トレイルランニング大会。

エイドもなければ道案内もない放置状態。

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)2016のエントリーが開始してトレイルランナー達が走る風景。

地蔵山頂駅に着いたものの霧で視界が限られる。チェックポイントを通過して折り返してきた選手たちとすれ違う。選手が走って来た方角に向かって進む。やがてチェックポイントに到着。帰りが更に大変(T_T)大半のランナーが通過した後なので、前後に選手はほとんどいない。

山形県で開催された蔵王トレイルランニングのコース上の景色。

ワサ小屋跡 ⇒ 地蔵山 ⇒ 蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅。この大会自体コース案内がないので何度も道に迷いながら進む。強風が吹いてかなり寒い。凍るかと思った(^_^;)幸い軽量シェルを装備していたので強風と寒さをしのげた(^^)ここから⇒ザンゲ坂 ⇒ ユートピアゲレンデ ⇒ 蔵王ロープウェイ:樹氷高原駅(中間駅)と進む。

相変わらず選手たちの最後方を走るが、制限時間には余裕あるようだ。山を下ってゴールである蔵王体育館に向かう!蔵王温泉国際トレイルランニング大会次回に続く。