Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

岩木山トレイルランニング2016後日談と小さなUTMF開催。

岩木山トレイルランニング2016後日談と小さなUTMFの開催。

岩木山トレイルランニングを終えて2日間は疲労困憊だったが、4日目にロードバイクに乗れるようになった。50Km走行したが、思いのほか膝に痛みが出なかったので、これからの回復に期待する。

テント泊で夜はペルソナ4ゴールデンで遊んだ。アマゾンのレビュー通り面白くてハマってしまった。大会直後の2日間は身体が動かないので、ペルソナ4をプレイしつつ身体の回復を待った。

岩木山トレイルランニングでは前日に食べたイタリアントマトの南イタリアの香りトマトソースと大会後の蛋白質補給の為に摂取したファミールのローストビーフが印象的。そう言えば夏になったのに鰻食べてないな。

猛トレーニングして蛋白質が枯渇したらご褒美に鰻重食べようかな。次のOSJ安達太良山トレイルランに向けてかなりのトレーニングと栄養素が必要だからな。

Sponser Link

小さなUTMF開催。

little-girl-running-795505_640-min

UTMFと言えば100マイルのレースだが今年は親子(子供)向けの種目が新設された。UTMBは子供達が参加できる種目があるが、その影響だろう。この小さなUTMFで走った子供達がやがて本当のUTMFを完走したりするんだろうな。

ウルトラトレイル・マウントフジSTY・UTMF2015のDVD鑑賞。
ブラウザゲームの艦隊これくしょんをしては戦艦って燃料と弾薬の消費が半端ないなーと思い、アニメの艦これを見ては赤城と大和のエネルギー消費量(大食漢)は凄いと思う。...

UTMFのDVDで親子で170Km完走した姿を見た。私も子供と一緒に「ウルトラトレイル・マウントフジ」を完走したいものだ。まずは花嫁探しだな。

ちなみにこの小さなUTMFには2Kmクラス2000円(親子ふたり分)3Kmクラス1500円10Kmクラス3000円で参加できる。

斑尾高原トレイルランニングレース2016

girl-919499_640-min

【Madarao Forest Trails 50km 斑尾高原トレイルランニングレース 2016】
トレイルランニングの普及に努める日本の第一人者、チームモントレイルの石川弘樹氏がプロデュースする標高1,000mの高原に延びる総延長50数kmのトレイルレース。

日時 2016年10月2日(日)6:30~スタート
場所 長野県飯山市斑尾高原トレッキングトレイル

長野県で開催されるこのレース今年の主戦場である50Kmだったので、調べてみた。なんでも石川弘樹プロヂュースの大会で今年で10回目の開催だ。この10週年を記念して特別色のトレイルランシューズが発売された。

カルドラド・マダラオイエロー・サンエディション

モントレイルより、斑尾イエロー第4弾となる「CALDORADO MADARAO YELLOW SUN EDITION(カルドラド・マダラオイエロー・サンエディション)」が、7月上旬より発売。

モントレイルのバハダとサロモンスピードクロス3をレビュー。
トレイルランナーになって初めて買ったシューズがサロモンの「XRクロスマックスニュートラル」だ。初心者なので、何もわからないままトレイルラン用シューズを購入したの...

本レースのプロデューサーであり、チームモントレイル石川弘樹氏監修のもと、2016年春に新しく登場した人気モデル「CALDORADO(カルドラド)」をベースにアッパーは紅葉で色づく森林をイメージした黄色、そして、斑尾高原に注ぐ朝日の輝きをイメージし各パーツに赤色がカラーリングされました。

更にこれからもトレイルランニングというアクティビティが国内で盛り上がり続けていくことと同時に、20年、30年とこのレースも続いていくことの願いを込め、踵部分には明るく輝く太陽、「SUN」という刻印が入っています。

私もモントレイル・バハダを使っているが、今回のサンエディションは起伏の少ない斑尾高原トレイルランでは最適の一足になるだろう。