Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

日本山岳耐久レース完走褒美はアシックスGT2000NEW YORK4。

日本山岳耐久レース完走褒美はアシックスGT2000NEW YORK4。

第23回日本山岳耐久レース松井一葉(マツイカズハ)選手が57歳にして女子5位でゴール。

松井一葉さんは2011年に初めてのハセツネCUPで3位。続く2012年も4位に。2013年、2014年は総合表彰は逃したものの、今回は5位で表彰台に登り、タイムは自己ベストを更新する9時間58分現在57歳。

松井さんは41歳になってから取り組み始めたランニングでメキメキと実力を発揮し、各地のロードレースで活躍。しかし50歳を過ぎてタイムが伸び悩むようになってからトレイルランニングを始めました。

「やってみたらトレイルの方が向いていたみたい」という松井さんは急な登りのパワーハイクが得意で、今回も男性ランナーや年下の女性ランナーを登りで何人も追い抜いたと言います。

そんな松井さんの強さの秘密は、参加するレースのコースを何度も走っておくこと。今回も10月に入ってからハセツネのコースを3回試走したといいます。

また試走に何度も行くので遠隔地のレースにはなかなか参加できないのが悩み。来年はハセツネの他にも北丹沢などのNESチャンピオンシップのレースや、上州武尊山60k、ウルトラトレイル・マウントフジのSTYなどに挑戦したいといいます。

ハセツネカップ日本山岳耐久レース2015エントリー完了。
OSJ奥久慈トレイルレース開催の数日前からハセツネCUP日本山岳耐久レースエントリーが気になっていた。 トレイルランナーになって初めて先着順のエントリーバトルに...

57・58歳でウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)を連覇したマルコ・オルモ選手を思い出す。年齢は関係ないようだ。

Sponser Link

朝になって第3関門(長尾平売店前)に到着。

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)2016のエントリーが開始してトレイルランナー達が走る風景。

御岳神社に水場はあるが、背中のハイドレーションのみでゴールできそうだ。第2関門に補給したポカリスエットだけでゴールまでもつんだな。(走ったらより水分必要なんだろうが)

ハセツネCUP日本山岳耐久レースでの装備と携行品を考えた。
以前書いたウルトラトレイル・マウントフジの必携品についての記事が思いのほかアクセス数が多く、ページビューもうなぎ登りならぬ鯉のぼりぐらいに上昇した(そんな表現あ...

御岳山から日の出山に到着。ここからの夜景が綺麗らしいが、その景色は次回日本山岳耐久レースに参加した時に見る事にしよう。(次回目標16時間内完走)富士山が見えるらしいが、どれが富士山なのかわからん(笑)

ハセツネCUPの参加案内と攻略マップ到着71.5Kmの対策。
ハセツネカップの攻略マップと参加案内が届いた。国内屈指の大会にトレイルランナーとして挑戦できる時が来た。ハセツネカップに向けて9月白石蔵王高原マラソン・仙台泉ヶ...

周囲は大分明るくなって日差しも強くなってきた。長居は無用で小休止の後、ゴールである五日市市会館を目指して進む。スタッフによると日の出山からゴールまで大半が下りらしいが、実際には緩やかな登り4割下り6割と言った感じ。

日本山岳耐久レース登山家とトレイルランナー達が立ち寄った日の出山・ハセツネカップ。

当初の予定ではこの下り区間を全て走るつもりだった。まあいいさ今回は日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)がどんな大会か「偵察」に来たんだ。

日本山岳耐久レースに初挑戦!装備が重い長谷川恒男CUP。
日本山岳耐久レース(71.5Km)通称ハセツネカップ。6月のエントリーは5分で終了するほど人気大会。ハセツネ攻略マップが届いてから大会当日までの2週間、トレイル...

今回の大会で得た知識と経験は計り知れない。次回以降のトレイルレースに活かされるのは確実だ。

完走のご褒美はアシックス「GT2000ニューヨーク4」

そうすればトレイルランでも相乗効果を発揮してUTMFも走りやすくなるだろう。(ウルトラトレイル・マウントフジは舗装路区間も多くウルトラマラソンランナー原良和選手が優勝している)

日本山岳耐久レースを16時間内完走する対策ハセツネCUP。
私は2016年には参戦しないので、「次回」への対策である。ランネットのエントリー合戦で1人分エントリーしやすくなるな。(次回は2017年に参加予定) 目標はハ...

麻生山・金比羅山と歩いて大分標高が低くなった。歩くだけなのだが、吐き気がするその時は立ち止まってやり過ごすがしばらく歩くとまた吐き気がする。

ハセツネCUP完走時のトレイルランニング装備を公開STY・UTMF・UTMB。
今回はハセツネCUP完走時の装備品を公開する。2016年のハセツネCUP開催日は10月9日と翌10日。しかし、2015年のハセツネカップは10月31日か...

とても腹減っていて物を食べたいのだが、身体が受け付けずにここまで来た。(第1関門から食べてない)吐く物がないので、胃酸さえ出そうだ。

果たしてゴールできるのか!?日本山岳耐久レース次回に続く。