Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

越後カントリートレイルランと黒姫女子優勝松岡宏美モントレイル。

越後カントリートレイルランと黒姫優勝松岡宏美・TJAR出場者。

過度のトレーニングによって膝の痛みが再発してしまった。膝を痛めるのは3回目で1回目は痛めながらも走った為、完治まで1年かかった。2回目は回復に専念した為、3ヶ月で回復。3回めである今回は7月10日に「岩木山トレイルランニング」があるから走りたいんだけど我慢。

北丹沢12時間耐久レースから岩木山トレイルランニングに変更。

7月の「岩木山トレイルランニング」は乗りきれても9月の「OSJ安達太良山トレイルラン」出場は難しいな。回復に専念して10月の「大阪マラソン」に備えるかな。大阪マラソンでサブ5達成できれば思い残す事なく、舗装路レースを引退できる。私はあくまでトレイルランナーだからな。

Sponser Link

トランスジャパンアルプスレース2016。

日本海/富山湾から太平洋/駿河湾までその距離およそ415Km。北アルプスから中央アルプス、そして南アルプスを自身の足のみで8日間以内に踏破するのがトランスジャパンアルプスレース(TJAR)だ。※2年に1度開催。

2016年のトランスジャパンアルプスレースは書類選考に80人の応募があって70人が通過。最終選考に挑むのが58人で最終的に20人程度になるようだ。また大会の様子をNHKで放送しないかな。

モントレイル黒姫トレイルランニングレース42km結果。

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)2016のエントリーが開始してトレイルランナー達が走る風景。

1位 松岡 宏美  05:15:25 3.00
2位 道下 恵   05:36:44 50.31
3位 折戸 小百合 05:40:30 58.67
4位 木村 真由美 05:42:06 62.22
5位 内山 みちこ 05:43:18 64.88

42Kmを5時間台で完走するなんて凄い事だ。私なら9時間はかかるな(笑)この結果をみて注目すべきはハセツネ30Kで繰り上げ優勝した「松岡宏美」選手だ。25歳と若くて可愛らしい。

トレイルを走り始めたのは昨年からと言う松岡宏美選手は2015年から地元・長野県のトレイルランニングレースに出るようになり、モントレイル戸隠、Rockin Bear黒姫や信州戸隠などの大会で優勝。

元々、学生時代には陸上競技でロードを走っていたという松岡さん。トレイルシーズン中は安曇野・美ヶ原や戸隠、斑尾等を走っているとのこと。2016年秋にはハセツネ・カップに挑戦するそうだ。

長野県は白馬国際トレイルランを始めとして沢山のトレイルラン大会が開催されていて羨ましい。

越後カントリートレイルラン・ECHIGO COUNTRY TRAIL。

越後カントリートレイルランニング大会50Kmの地図。

黒姫トレイルランと同時期に開催された越後カントリートレイルラン。この大会は参加したいと思ってるが、6月は群馬県のスパトレイルがあるから来年の筋力・体力・体調面などを考慮して決めよう。

この越後カントリートレイルランについて(自身が参加する可能性があるので)調べてみた。1番重要なアクセスだが、高速バスがあるので、片道5千円で新潟県に行ける。

越後カントリートレイルランニング大会50Kmの地図。

その後、新潟駅から小千谷まで電車で移動この区間は片道1300円位。小千谷駅からおぐに森林公園までは長岡駅(アオーレ長岡前)からおぐに森林公園までシャトルバスが出る。(往復500円)

山と渓谷社トレイルランニング発売。

初心者向けでこれからトレイルランを始める人に最適。装備・トレーニング・食事・練習で使えるコースや大会ガイドもあってこれからトレイルランを始める人に最適な1冊。