Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

マウンテンバイクでモンゴル900Km走行BSグレートレース。

マウンテンバイクで大草原を疾走せよ!モンゴル900Kmのコースになっている大草原。

東京マラソン2016が終了した。日本最大のマラソン大会に参加できた事を嬉しく思う。しかも10週年記念大会だから尚更。エキスポからしてお祭り状態で楽しめた(^○^)勿論、東京マラソンを走った様子もこのブログで公開している。

絶景アルプス・トルデジアン330KmイタリアNHKグレートレース。
2015年末にグレートレース・トルデジアンの放送予定を知ってから2016年1月10日の放送が楽しみだった(^○^)NHKのグレートレースはこれで5作目。(以下順...

さて今年に入ってからNHKグレートレースは3話放送された。「イタリアのトルデジアン」「今回のモンゴリアン・バイクチャレンジ」「アマゾンでのジャングルマラソン」どれも見応えあって楽しめた。

Sponser Link

モンゴリアン・バイクチャレンジ。

かつて騎馬民族が疾走したモンゴルの大草原。昼夜の寒暖差は30度に達し、強風が吹きつける大地で世界でも最も過酷とされる自転車レースが行われた。

総延長は900キロを7日間で走り抜ける。世界トップクラスの選手が参加し最高時速は80キロに達する。

優勝を狙う日本人ライダー、亡くなった教え子への思いを胸にゴールを目指すアマチュアライダー、プロを夢見て上位入賞を狙うモンゴルの若者たち、それぞれの戦いを追う。

天気のいい日にリバーサイドにマウンテンバイクを止めて一休み。

主な登場選手はイタリアのニコラス・モンゴルのマラル・ボロル・ビルグーと日本の池田祐樹。国同士と言うよりもプロライダーとアマチュアライダーとの戦いだな。優勝すれば賞金はなくても世界中から注目される。

プロフェッショナルは時間も資金もほぼ無制限だが、アマチュアは時間も資金もかなり制限される。そんな状況でアマチュアライダーはどこまで戦えるか!?

新たなグレートレースのスタート!

スタート時からして灼熱の暑さ。ドイツのセバスチャンはエイドで5杯も水分補給。コース上に大量の馬が走っている。そんな中、イタリアのニコラスが2位に16分以上の差を付けてゴール。初日を勝利で飾った。

東京マラソン2016を走る準備をしてエキスポ会場に馬に乗って向かう女性。

モンゴルのアマチュアライダー・マラルとボロルもかなりの実力者。マラルは猪突猛進型、ボロルは後方から状況を伺うタイプ。モンゴルの選手は平坦な道に強い。ファイナルファンタジー4にパロムとポロムってキャラがいて石化したっけな。

選手の疲労とマウンテンバイクのトラブル。

池田祐樹選手は連日5位前後でゴール。起伏のあるコースが得意だ。レースも4日目になると選手達にも疲労が出てくる。この日までに71人中16がリタイアした。

4日目のコースは傾斜25度の坂道を登る。マウンテンバイクを押して歩く選手がいれば担いで歩く選手もいる。イギリスの女性選手ビバリー(42)も無事に4日目ゴールした。

young-woman (8)-min

レース中、パンクや転倒が頻繁に起きる。半分以上走行して来て転倒によりリタイアは悔しすぎる。

最終日をトップでゴールしたのはイタリアのニコラス。総合1位で優勝した。池田祐樹選手は4位でモンゴルのボロルは5位。完走者は51人だった。意外と高い完走率だな次回のグレートレースも期待している。