Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

南海の孤島マダガスカル250kmを見たNHKグレートレース。

雲浮かぶ青空。

現在放送中の弱虫ペダルグランドロード16話「エース今泉」。 予想していたレース展開では今泉が離脱して小野田が巻島を牽引し、フィニッシュは巻島と思っていたが、今泉がアタック。 今後、どこまで先頭をキープできるのか・・。

Sponser Link

「激走! 南海の孤島マダガスカル250km」

さて今回も年末年始に放送されたグレートレース「激走! 南海の孤島マダガスカル250km」を見た。

アフリカ大陸東方のインド洋に浮かぶ島国マダガスカルで、250kmを7日間かけて走破するグレートレースが開かれた。

水とテント以外は食糧などレースに必要なものすべてを背負い、気温40度近い荒野を連日フルマラソンに匹敵する距離をひた走る壮絶なレースだ。

大自然がそのままの姿で色濃く残るマダガスカル。数千キロの海岸線はターコイズブルーの海に囲まれ、緑豊かな熱帯雨林・切り立った岩の崖・砂漠やサバンナなど多様な姿を見ることが出来る。

優勝の栄冠を目指すトップランナーから、自分の限界に挑戦し、ひたすらゴールを目指す選手まで年齢、性別を超えて世界中から様々な人達が一堂に会する。走り終わると人生が変わると言われるグレートレース。そのドラマを目撃する。

空に大きな雲が浮かんでいる大自然の風景。

NHKは「激走!」が好きらしい。 このレースはマダガスカルの大自然の中を1週間で250km走ると言うもの。 番組では日本人6人の走りが写っていた。

女性だけでも3人。内1人は24歳!凄すぎる(・o・) (平均)1日35kmとして7回。毎日がフルマラソン並とは考えられん。 1度でも35km走ったら2週間は休養欲しいのだが(^_^;)

内容としては広大な大地を駆け抜けると言った感じ。

山・川・泥・砂漠と様々。 ロード区間ではロードランナーが喜ぶが山岳区間では苦戦。 トレイルランナーはその逆。 トレイルランナーなので後者の気持ちは良く分かる。 私の場合はトレイルを走っていてロード区間が出現すると愕然とする(T_T)

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン2016のエントリー開始されて応募するトレイルランナーの少女。

そして一刻も早くトレイル区間に戻りたいと思いながら走っている。 ロードにいる私はまるで陸に上がった魚のようだ。 もちろん、トレイルに戻れば水を得た魚だが(^^)

参加ランナーが道に迷うシーンがあった。

これもトレイルランではよくある光景。 特に私の場合は最後尾でランナーがまばらな状態で走る事が多いので尚更だ。 先頭を走るのもそれはそれで大変だなと思った。

数日間掛けて走るのはトランスジャパンアルプスレースがあるが、このマダガスカルの大会は1日毎に区切られるので、まるでツールドフランスだ(ステージ制)

激闘!ドロミテ鉄人レースの放送を見たNHKグレートレース。
ニコニコ動画で石川綾子と言う人がヴァイオリンでモンスターハンターのテーマ曲「英雄の証」をヴァイオリン演奏してる動画があった。 ・・・。綺麗だ。って音色はもちろ...

結果、男子の部優勝は南アフリカのライアン・サンデス選手(ホイミンは居なかったドラゴンクエスト4じゃない(笑)

2位は飯野航選手。女子の部優勝は井土真希選手・2位は渡辺まゆみ選手 日本人がこれだけ活躍するなんて凄い(^O^)

アタカマ砂漠マラソンを7日間走り続けた偉大な完走者達。
NHKの「密着!アタカマ砂漠マラソン」を再放送していた。2011年の大会だが、日本から樺沢秀近選手が参加。グレートレースにも出ていた人だな。グレートレースって数...

更に石原義昭選手は69歳で完走していた。 アドベンチャーレースってなんて素晴らしいんだ(^^♪

私も参戦したいが、その前にウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)を完走せねばならんな。 次回の放送も楽しみだ♪

NHKで放送されたグレートレース達。

「イーストウインドと間瀬ちがや」の記事はこちら
「オーストラリア700km」の記事はこちら
「女達の熱き一日 ニュージーランド130km」の記事はこちら
「カナダ・ユーコン700km」の記事はこちら

ドロミテ鉄人レースはこちら アタカマ砂漠マラソンはこちら