Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

ファントレイルズFT50ノベルティーベンチャージャケットで走る。

トレイルランニングFT50ノベルティーベンチャージャケットで走る女性。

多峯主山を通過した頃にレインウェア内に着ていた長袖シャツを脱いだら涼しくなった。これで存分に走れる。とは言え脱いでる間に最後尾になってしまった。単独で走るとコースを見失う確率が格段に上がるから要注意だ。

Sponser Link

雨具ノベルティーベンチャージャケット。

トレイルランニングFT50ノベルティーベンチャージャケットで走る女性。

今大会は雨の中でのレースなので、新調したノベルティーベンチャージャケットで走る。非常に軽量で高機能なジャケットだ。生地が薄いので、走っててガサガサしない。高価なレインウェアだが、奮発して良かった。( ベンチャーパンツとセットで揃えた)

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100K・FT50体験記。
2016年も各種大会に参戦して11月は最終戦のFunTrails100K(FT50)となった。今年は2月の東京マラソンを走ってから岩木山トレイルランニングフェス...

前後に選手が誰もいない状態で走り続けた。本当にビリになったのだろうか…。10Km地点に付く前になんとか後方集団と合流できた。これで道に迷わないだろう。日和田山・物見山を通過しても疲れはない。日頃のトレーニングの成果と思いたい。

鎌北湖のエイドステーションに到着。

トレイルランニングFT50ノベルティーベンチャージャケットで走る女性。

15Km付近の砂利道を走ってたら転倒してしまった。トレイルランニング歴4年で転倒したのは初めてだ。いつものスピードクロス3ならグリップ力が高いので滑らないだろうが、今回使用したモントレイル・バハダ用の走りができてなかった。(バハダはグリップ力で劣る)

ファントレイルズ100K飯能中央公園で必携品確認後FT50を走る。
2016年9月にOSJ安達太良山トレイルランを完走したら次の目標はファントレイルズ50K(FT50)の完走である。制限時間が昨年の14時間から15時間に延長され...

ノベルティーベンチャージャケットCW-Xジェネレーターの一部が破けてしまった。腕と膝を怪我して17Km地点のエイドステーションに到着。大きなテントのエイドだったので、安心した。雨が降ってるからテント内でしっかり補給と休養したかったのだ。

エイドステーションで看護師の診察を受ける。

トレイルランニングFT50ノベルティーベンチャージャケットで走る。

エイドステーションではすぐにアクエリアスを補給。その後、ミニどん兵衛の天ぷらそば肉うどん・おにぎり・フルーツポンチを食べた。看護師と思われる女性に怪我した部分を診察してもらう。擦り傷・打撲ではあるが、特に治療の必要はないと診断。専門家に見てもらったので、安心して走れる。

ファントレイルズFT50を奥宮俊祐選手にハイタッチして走った。
FT50は飯能中央公園をスタートした。雨が降り続いて履いているモントレイル・バハダは既に浸水している。レインウェアの中に長袖シャツを着ているので、寒さは感じない...

鎌北湖のエイドステーションに到着したのが10時で20分滞在した。この20分の間に他の選手達は先へ進んでしまった。再び最後方を走る事となった。単独でも街中より山の方が(一本道で)迷いにくい。何とか進めるだろう。

この鎌北湖周辺は紅葉が奇麗だ。写真家の人達が風景を撮影している。晴れだったらさぞ見事な景色だっただろう。2017年のFTR100に参加した時に改めて景色を堪能しよう。北向地蔵・ユガテを通過して顔振峠に到着。ここから県民の森へが最大の難所だ。トレイルランニングFT50次回に続く。