Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

OSJ奥久慈トレイルレース30K競技説明会とパーティー。

奥久慈トレイルレースの受付
奥久慈トレイルレースと七時雨トレイルランの参加案内到着。
トレイルランの大会に台湾で人気のブラックサンダーを持って行くが、香港では即席麺出前一丁が人気だとか。豚骨系(黒大蒜油)・牛肉系(ローストビーフ)...

5月31日に奥久慈トレイルレースが開催された。翌日の6月1日はハセツネカップのエントリー開始なので2連戦である。

前回のハセツネ30Kを走ってから1ヶ月弱、あっと言う間に大会前日となった。

Sponser Link

思ったのはホテルにしろ旅館・民宿にせよ宿泊先を確保できない(^_^;)

大子町周辺の宿が少ないのか訪れるトレイルランナーが多いのか。

大子町の風景なら少しテレビで見た事がある。「目指せ!2020年のオリンピアン」「絆の力」って番組で安嶋千晶選手(ウエイトリフティング東京五輪強化指定選手にも選ばれている日本一の女子高校生)を見たからだ。

なんでも茨城県久慈郡大子町の男体山頂上付近で生活していたそうだ。私なら山の頂上で生活してたらトレイルランナーになってるな。※街中で生活しててもトレイルランナーになってるが(笑)

重量挙げやってても筋肉ムキムキではなく、線が細いので驚きだ。オリンピック銀メダリストの三宅宏美も外観からは重いバーベルを持ち上げているようには見えない。

さて電車に乗車して4時間後、常陸大子駅に到着。

駅から受付の文化福祉会館まいんまで徒歩2分。重い荷物を抱えてるので近くて助かる。

奥久慈トレイルレースの受付

受付で選手達が沢山並んでるなーと思ったらそれらは50Kの選手で30Kの私は並ばずに受付を済ませられた。

ちなみに事前送付のアンケート記入は必須で提出後にゼッケンを渡される。

ゼッケンに付いている計測タグが昔ながらの胸につける重い奴だったので、ちょっと驚いた(・o・)

最近は靴に付ける計測チップしか使ってなかったからな。Tシャツの色は黄色だしデザインも良好。

そして奥久慈トレイルレース競技説明会へ。

単なるコースの説明や注意点を伝えるだけと思ったら全然違う。内容は奥久慈トレイルラン50K攻略法と言った感じだ。

攻略法の1つが関門の制限時間を無視する事。個々の関門を通過するだけでは最終的に後半の関門で間に合わなくなる。

第1関門は1時間以内、第2関門は6時間以内に通過してゴールが見えてくるらしい。

運営側も昨年の完走率が35%だったので完走率を上昇させたいようだ。

今回は30Kへの参加なのだが、数年後に50Kに参戦するかもしれないので真剣に説明を聴いていた(^_^)v

奥久慈トレイルレース説明会

その後、食事パーティーの開催である。

知ってる選手達開始前から事前に希望の食事(カレーライス・焼き魚・饅頭・チキン・ケーキ)の前に並んでいた。

そんな事を知るはずもない私は開始時間の18時に現地に行った為、品切れ続出で思うように食べれなかった(-_-;)

ディズニーランドのテーマパークを巡るように並ぶ順番等の緻密な戦術が必要だった。もしくは複数人での共闘プレーが必要だった。※モンスターハンターか!?

翌日は朝5時30分前後に送迎バスが出るので早く寝よう。でも寝付けずに2時から4時の2時間しか眠れなかった。

奥久慈トレイルレース30K大会当日編に続く。

奥久慈トレイルレース30K龍神大吊橋から東金砂神社へ。
6月1日に行われたOSJ奥久慈トレイルレースのリザルトが発表された。ざっと見ただけだが、50Kの方はタイムオーバーだと思うがリタイア続出。 ...