Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

PGユニコーンガンダムLEDユニット装着後塗装して完成。

パーフェクトグレードPGユニコーンガンダム塗装して完成。

当初PGユニコーンガンダムを購入するつもりはなかったが、ヨドバシカメラとガンプラエキスポで展示品を見て購入決定。

再販され、価格が下がってきた所を見計らって入手した。(アマゾンで購入直後更に1000円値下がりした)

アマゾンは常に価格が変動するので購入時期が難しい。対して楽天市場は複数のキャンペーン開催時期を見定めないといけないし、売り切れる事も珍しくない。

LEDユニットは不要と思っていたがガンプラ完成後に装着させるのは大変な為、同時期に購入となった。

いつもはマスターグレードモデルしか作成してないが、作成期間1ヶ月で完成させている。今回のパーフェクトグレードも作成期間1ヶ月の目安で作り始める。

Sponser Link

PGユニコーンガンダムRx-0フルサイコフレームモビルスーツ作成開始。

今回は塗装→ゲートカット→プラモデル用カッター→紙やすり→組み立て→目立つ部分を再度紙やすり・再度塗装(ゲートカット跡)→組み立て→UVカットつや消しスプレー→完成の流れで行った。塗装だけでも丸2日かかった。

MGガンダムとシャア専用プラモデルの塗装済み完成品RX-78-2Ver3.0。
前回は涼宮ハルヒの憂鬱の痛車FD3S RX-7塗装済み完成品を公開したが、今回はMGガンダムRX-78-2Ver3.0フル塗装済み完成品を公開。私がプラモデルを作る時に必ずやるのが完全塗装(フル塗装)する事。ある程度ガンプラ作製技術のある人

MGサザビーの時はジグソーパズルみたいにライナーから全部ニッパーで部品を外してから塗装したが、それだとゲートカット部分にも1度で塗装を行える反面、組み上げる時間が半端ない。部品をなくす確率も格段に高くなる。

PGユニコーンガンダムLEDユニット装着後塗装して完成。

8月1日から作り始めたが、この時期に開始したのはあまりの暑さで外でトレーニングするのは厳しかったからである。

ガンダムのプラモデルを作ると「部品をなくす」か「部品を壊す」と言う事態が1回は発生する。今回も同様でポリキャップが1個行方不明となった(^_^;)

MGニューガンダムのプラモデル全塗装完成品を公開逆襲のシャア。
前回、ギラドーガの完成品を公開したが、今回はMG1/100RX-93 vガンダムVer.Ka (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)を公開する。ニューガンダムはプレミアムバンダイからフィンファンネル拡張セットを購入したが、ビームエフェクトだけを

塗装はオリジナルの色にこだわらず、自分の好みで塗る。また、説明書の順番では作成しない。(好きな部分から作成)

塗装に使用したカラー達

キャラクターホワイト・パールホワイト・マホガニー・ジャーマングレー・鉄黒色・パールライトレッド・ゴールドリーフ・シャインシルバー・メタリックブルー・オレンジ。

PGユニコーンガンダムLEDユニット装着後塗装して完成。

バックパックと足元はパールライトレッド・バーニア部分はゴールドとオレンジで塗装。ちょっと塗り分けただけで完成度が全然違う(^^♪

MG逆襲のシャア・アズナブル専用サザビーVer.Ka塗装済み完成品。
機動戦士ガンダムの中で特にお気に入りなのはニューガンダムとサザビーである。これまでジオン軍のプラモデルはあまり作ってなかったが、サザビーのカトキハジメ・バージョンが出たので作成した。MGサザビーVer.Ka作成工程。今回は最上級の完成度を誇

本当はサイコフレーム部分を緑に塗りたかったが、そんな塗装技術は持ち合わせてないので裏から軽くシャインシルバーを塗って終了。

さすがパーフェクトグレードと言うだけあって組み上げる過程でゲートカット跡が隠れる様に計算されている。

LEDを試験点灯してみる。点灯も見事だ。このLED点灯を電池でなくてソーラーパネルで行えないものか。

やがてバンダイに注文していた部品も届いて作成期間1ヶ月弱で完成したヽ(`▽´)/

莫大な時間と費用をPGユニコーンガンダム に投入した。もうガンプラは作りたくない(。・_・。)

自分自身の身体を作り上げる(トレーニングで鍛え上げる)ので精一杯だ。