Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

第37回松島ハーフマラソンを完走する為に対策を考えた。

松島の景色

先週10月6日に山形まるごとマラソン走ったが、今週は第37回松島ハーフマラソンだ。 名前は聞いてるがどんな大会なのだろうか。 この大会は荷物預けるのに500円徴収されるのできついが、ハーフマラソンのコースもきつい。

東京マラソン2016を走る前にパワーバーの特徴を評価レビュー。
冬でも暖房がない部屋で記事を書くも、手がかじかんで思うように動かない(^^;)それでも冬に暖房・夏に冷房がない環境で生活したお陰で!?トレイルランナーとして温度...

前回までは9時頃までに受付があったそうだが、今回は受け付けはないので、出走時間までにスタート地点に並べばOK! ハーフマラソンのこれまでの戦績は仙台国際ハーフマラソン完走。 東根さくらんぼマラソン第一関門タイムオーバー。

山形まるごとマラソン完走。 仙台国際と山形まるごとはコースが平坦&緩やかで完走出来たが、話を聞くと松島はアップダウンが激しいらしい。 正直、今現在の私では完走確率は50~60%だろう。 関門アウトの可能性大^^;

Sponser Link

松島ハーフマラソン対策。

初めてのトレイルランニング体験でお薦めのノースフェイスとサロモン製品。

なので、今回は松島ハーフマラソン対策で作戦を2つ考えた。作戦その1「1番後ろだけど1番前に並ぶ」と言う作戦である(^O^)

つまり、自身の予想タイムごとにスタート地点に並ぶわけだが、2時間10分以降であれば1番後方に並ぶようになる。 いつもは位置取りなど気にしてなかったが、今回は2時間10分以内に完走予定の人達のすぐ後ろ(境目)に並ぶ。

トレイルランニングやフルマラソン・ロードバイクで使える補給食。
2015年にハセツネCUPに初挑戦して22時間弱で完走。この時は水分2.2リッター持ってったが、暑さで第1関門前で飲み干した。今度は3リッター持ってった方がいい...

作戦その2。 今回はハーフマラソンであるが、関門が2つ約11kmと15km地点にある。 難所のコースを普通に走ったのでは関門突破は難しい。 なので、苦肉の策としてとりあえず、15kmの関門突破に全力を尽くす!

この作戦は前半からペースを上げるので、後半バテるのが目に見えている。 だが、関門を突破しなければどうにもならない。 普段は最初から最後まで同じペースで走っていたが、今回は15kmのマラソンのつもりで最初から早めのペースで戦う! 戦いの様子は次回記事に続く。

フェイスブックで「いいね!」100件目指してるので「いいね!」募集中(^^) ツイッターのフォロワーも募集中!