Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

第7回ハセツネ30kトレーニングの成果を実感しつつゴールへ。

ハセツネ30kゴール直前

最近、このブログにファミコンファビコンを導入した。ブラウザのタブやブックマークした時にブログ名の横に表示されるマークの事だ。

多少は格式高く見えるかも(^^)桜の画像を元に作成したのでピンク主体である。ブックマークするだけで確認できるのでお試しあれ。

Sponser Link

ハセツネ30K初挑戦時より進化。

ハセツネ30k前回記事の続き。 最終関門の入山峠を通過してあとはゴールを目指すだけとなった。後は下りメインなので無難に走る。 この地点で前後にランナーの姿はなく、単独で走る事となった。去年と同じである。 1人で走っていると大会と言うよりトレーニングで山に来たような感じだ。

ハセツネ30kゴール直前

第1関門の段階でハイドレーションシステムの水が無くなっていたのでとにかく水を飲みたい。 チョコレート菓子は沢山持っていたが、水がないと食べる気しない(・_・;)

水が無くてもゴールを目指す。

このゴール付近でラストスパートするランナーがいるが、全て道を譲って先に行かせた。 ゴール直前は苦手な舗装路があるので、足に負担をかけたくない。

トレイルランニングやフルマラソン・ロードバイクで使える補給食。
2015年にハセツネCUPに初挑戦して22時間弱で完走。この時は水分2.2リッター持ってったが、暑さで第1関門前で飲み干した。今度は3リッター持ってった方がいい...

やがてトレイル区間を終了してロード区間に入った。 去年はロード区間を走って少しだけある山を通り過ぎたらゴールだったが、今年は違うようだ。

淡々と舗装路を走っていると既に走り終えたランナー達が声援を送ってくれる。

どうやってゴールに行くんだ!?と思いつつ走っているとスタート地点に近づいてきた。 なるほどそういう事か。ここから受付した場所(ゴール)に進むんだな。

初心者向けトレイルランニング用品お薦め装備をまとめて公開。
夏真っ只中で暑い日が続くが、6月と7月は膝を痛めて殆ど走ってない。ロードバイクでのトレーニングとウエイトトレーニングがメインである。回復したら山を走りまくろう。...

そして間もなくゴール。観客やゴールしたランナーの声援が大きくなる。 去年はほとんど人がいない状態でゴールしたのでその違いは大きい。

ハセツネ30kゴール直前

ウルトラトレイル・マウントフジ(STY・UTMF)のゴールで多くの観客に迎えられながらゴールするシーンをDVDで見たが、それを縮小したような感じだ。 ゴール!(^O^)やったハセツネ30kへ2度目の挑戦で完走証を入手できた。

ゴール直後は力を使い果たし、計測チップを外す椅子に座り込んだ。ボランティアスタッフに氷と水を貰い、しばし休憩。 やっと水を飲めた♪後は空腹を満たしたい。と言う事で着替えた後は会場内にあるうどんを食べた。

ハセツネカップ日本山岳耐久レース2015エントリー完了。
OSJ奥久慈トレイルレース開催の数日前からハセツネCUP日本山岳耐久レースエントリーが気になっていた。 トレイルランナーになって初めて先着順のエントリーバトルに...

そうしていると完走したランナーで「野良坊を貰ってない方はこちらへ」とアナウンスがあった。 野良坊を貰って帰路につく。今までウエイトトレーニングやロードバイクトレーニングなど色々やったからこそ完走出来た。

この大会はあくまで通過点。2週間ほど休息を取って階段や坂道をメインにトレーニングしていく予定。 次回はOSJ奥久慈トレイルランに参戦する。今から楽しみだ(^^♪