Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

第6回ハセツネ30K入山峠第3関門閉鎖へのカウントダウン。

満開の桜

本日、板橋シティマラソンの完走証・完走記念写真届いた! どんな写真で届くのかと思っていたが、前の人と被ってほとんど写ってない(T_T) この板橋の時は周辺に人がいる状態でゴールしたからな。

大会によっては遅すぎて単体で走る事も珍しくないのだが(笑) 完走記念の写真(ライブフォト)はゴール周辺で撮影の為、歩き状態である。

奥宮俊祐と北島良子選手が優勝したハセツネCUP2015参加体験記。
第23回日本山岳耐久レースは奥宮俊祐選手と北島良子(女子)選手が優勝した。1000mを超える山々を全コース走り切るだけでも凄いのに7時間から10時間でゴールする...

特に感動もなにもない写真となった(^_^;) これまでの(フルマラソン)21km走って21km歩くスタイルを変えるべく現在修行中(^^)

Sponser Link

富士登山競走とハセツネ30K。

大阪マラソンへの応募と東京マラソン2016への走行距離を検証した女性ランナー達。

更に第67回富士登山競走の五合目コース参加確定通知も届いた。 一般的な大会だといきなりゼッケンと計測タグが送付されるが、このように前もって通知が来ると間違いなくエントリーできた事を確認できるので安心。

そりゃあ1万円以上も料金払ってるわけだからな。 さて、ハセツネ30K前回記事の続き。第3関門に間に合うかどうか厳しい状況。 山を下るわけだが、急なので思うように進めない。 焦って木に膝をぶつけてしまった。

トレイルランニングやフルマラソン・ロードバイクで使える補給食。
2015年にハセツネCUPに初挑戦して22時間弱で完走。この時は水分2.2リッター持ってったが、暑さで第1関門前で飲み干した。今度は3リッター持ってった方がいい...

出血したが、CW-Xジェネレーターが犠牲となりダメージを最小限に抑えてくれた。それでも進んで行くとなにか音が聴こえる。 「?」 更に進む。

第3関門あと2分で閉鎖。

ワードプレスのブログ画面が真っ白になった長い髪の女。

音と言うより大声が聴こえる。 耳を澄ますと「・・まであと2分」 「!?」 「関門閉鎖まであと2分」 (゚д゚) そうか・・。第3関門で終わりか・・。

でも良く頑張ったな。(我ながら) もう少し先を見たかったがここまでだ・・。 私「・・・」 関門に居るスタッフ「この声が聴こえれば間に合うよ!」 えっ!? 確かにスタッフの姿は見えないが、声は聴こえる。

初心者向けトレイルランニング用品お薦め装備をまとめて公開。
夏真っ只中で暑い日が続くが、6月と7月は膝を痛めて殆ど走ってない。ロードバイクでのトレーニングとウエイトトレーニングがメインである。回復したら山を走りまくろう。...

それでも間に合うかは微妙。 しかし、挑戦者である私は躊躇せず進む。 第3関門直前の階段は滑りやすいと情報をもらい、急ぐ一方で慎重に降りる。

そして第3関門通過(*^_^*) 時間的には14時29分30秒ぐらいだろう。 身体はボロボロだが、あとはゴールを目指すのみ! ハセツネ30K次回に続く。