Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

第6回ハセツネ30K制限時間内にゴールできるか!?

ハセツネ30kコース上でトレイルランナー達の渋滞に並ぶ。

驚いた(^-^) それは自身の腕についてである。 たまたま視界に入ったのだが、上腕二頭筋が発達して修行の成果が出ている。 他にもトレイルランナーになる前となった後では体力・姿勢・行動力等で進化が見られる。

奥宮俊祐と北島良子選手が優勝したハセツネCUP2015参加体験記。
第23回日本山岳耐久レースは奥宮俊祐選手と北島良子(女子)選手が優勝した。1000mを超える山々を全コース走り切るだけでも凄いのに7時間から10時間でゴールする...

体力は100m短距離ランナーだったので、それ以上の距離を走る事はなかったし、姿勢は姿勢の悪さランキングがあったら1位になっただろう(猫背どころでは無い)それくらい曲がっていた。 行動力はやたら県外遠征してるからな。

Sponser Link

ハセツネ30Kと腹筋。

セントラルスポーツとコナミスポーツとグランスポールを見学した。バランスボールを使う少女。

もし、トレイルランナーになる前の私しか知らない人は本当に同じ人か!?と思うだろう(笑) それとたまに思うのだが、腹筋ってどこから数えるのだ?

少なくても4つに割れてるが。 ハセツネ30K前回記事の続き。 第3関門を通過したもののもはや走る力は無い。 水と食料も付きた。

初心者向けトレイルランニング用品お薦め装備をまとめて公開。
夏真っ只中で暑い日が続くが、6月と7月は膝を痛めて殆ど走ってない。ロードバイクでのトレーニングとウエイトトレーニングがメインである。回復したら山を走りまくろう。...

気分的にはコーラ飲みたい(^_^;) 歩って進んで行くとゴールまであと5kmの表示。 基本は下りなのだが、たまに登りもある。 ゆるやかな登りではるが、出現するたびに「また出た!」と思っていた。

それでも舗装路と違ってトレイルは気分が良い♪ 道幅は狭いが、走れる場所だと思う。

来年(2015年)の私なら難なく突破するだろう。

ダンベルトレーニングを行うポニーテールの若い女性。

そうして進んで行くと更に標識があった。 当然あと1kmと書いてあると思いっていたが、なんとあと「3km」(T_T) 気分的に相当進んだはずだが、ゴールまで長すぎ。

そしてあと2km。 後から気づいたが、この時点で制限時間の15時30分を過ぎたようだ。 私は16時までだと思っていた。

しかし、制限時間に間に合っても間に合わなくても全力で戦う事に変わりない(・ω<)ゴールすれば荷物として置いてきたアミノバリューとザバスプロテインで水分補給できる。

トレイルランニングやフルマラソン・ロードバイクで使える補給食。
2015年にハセツネCUPに初挑戦して22時間弱で完走。この時は水分2.2リッター持ってったが、暑さで第1関門前で飲み干した。今度は3リッター持ってった方がいい...

ゴールまであと1km。 恐らくゴール地点に行っても誰もいないか、いたとしてもスタッフが後片付けしているだろうと思いながら進む。

でも嬉しさもあった。 なぜならトレイルランの世界では知る人ぞ知る「ハセツネ30K」のゴール地点に行けるのだから(^^♪ でも一体、ゴールって何処にあるんだ!? ハセツネ30K次回に続く。