Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

山形県第1回 蔵王温泉国際トレイルランニング大会

山形県で開催された蔵王トレイルランニングのコース上の景色。

未来への道1000km横断リレーは今年も開催されるんだな。 去年(2013年)に参加した時はランナーとして5km走り、タスキを繋げた。

区間を走る前後にインタビューを受け、その動画がユーストリームで公開されていた。インタビューの姿を自分自身で見るのは新鮮だった。 なんだか走るのが仕事みたいで楽しかった(^^♪ 2014年は参加するか迷った(^_^;)

今年はランナーのみならず、ライダーも募集している。 どちらもこなせるが、5kmから10km走るのに丸1日使うわけにはいかない。 それに去年走ったので、満足した(^^)

Sponser Link

これはトレイルランの大会とは言えない。

という事で今年は参加を見送った。 さてヒュッテヤレンだが、大会前日は電車とバスの時間が折り合わず、無料トレラン講習は不参加となりコース説明を聴くだけとなった。(^_^;)

参加人数はどれ位なのか不明だが、恐らく単独で走る事になるだろう。 そうすれば道がわからない(T_T)

いくら地図があっても現場では判断しずらいものだ。 運営側は道しるべがあると言ってたが、実際は皆無に等しい。 この大会に参加して道に迷わなかった人はわずかだろう。

さて大会当日には持ち物チェックをした。

通常の大会では使わないのだが、熊鈴必携だったので所持。 コース図ではあまり高低差がなさそうだったのでストックをどうするか考えた。 ルールでは全コース使用可能だったので、遠慮なく使用。

この日の早朝は肌寒かったので、薄いジャケットを装備してレース開始を待った。 この時、計測チップを支給されてない事に気づいた。 計測チップ・タグを付けずに大会に参加するのは初めてだ。 昨年(2013年)無念のリタイアとなった第1回蔵王トレイルラン。

蔵王での失態は蔵王で返す! そしてこの後の蔵王温泉スカイトレイルに繋げるのだ!! 闘志は燃え上がっていた(・∀・) 蔵王温泉国際トレイルランニング大会次回に続く。