Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

スノーボード竹内智香と自転車で500km走る技術の本。

ブログ飯と言う本を読む少女。

弱虫ペダル第1期、まさかインターハイの途中で終了するとはな。
33話の「姫なのだ」は面白かった。10月からの第2期に期待。

追記、第2期を視聴した。

インターハイ優勝は真波山岳が勝利して箱根学園が総合優勝すると思っていたが、予想を覆して小野田坂道が優勝。

千葉総北高校が総合優勝の座を手にした。是非ともアニメ第3期を放送して欲しいものだ。

Sponser Link

私、勝ちにいきます。自分で動くから人も動く:竹内智香

ソチオリンピックのライブ中継を見ていて「スノーボードパラレル大回転」の存在と楽しさを知った。金メダルではなかったが、見応えのある戦いだった(^^)

読んでいる最中と読んだ後にやたらトレーニングしたくなる(笑)

別競技だが、「スノーボードクロス」も見ていて面白い。スノーボードは転倒したら終わりなので、見ていてハラハラ・ドキドキだ。

私は現在マラソン大会で完走を目指すだけに留まっているので、今後は勝ちに行きたい。

ソチ五輪銀メダリストの「引き寄せの法則」
4度目の五輪となるソチで銀メダルを獲得したスノーボードアルペン・竹内智香選手初めての著書。

スノーボードアルペンで五輪を目指すと決めたとき、周りからは「日本人選手はこの競技では世界で通用しない」と言い切られた。

「本当にそうなのか」そこから竹内選手の挑戦が始まった。世界最強のスイスチームに直訴して単身乗り込み、ベビーシッターをしながらドイツ語をマスター。

スノーボードブランド「ブラックパール」を立ち上げて板の開発、販売も手がけてきた。

ここまでの行動力をどうしたら身につけられるのか?12歳でスノーボードを始めて以来竹内さんが生きてきた軌跡に、その答えがある。私たちが人と運を引き寄せて目標を達成するためのヒントが満載の1冊。

自転車で1日500km走る技術:田村浩

読んだ後、ロードバイクで100km以上走りたくなった。
ブルベ200km完走したい。

ロングライドは「戦略」で走る!
超長距離サイクリングを可能にするのは、
体力や根性といった能力ではなく、ノウハウ(経験)なのです。

自転車に乗り始めたときに誰もが思う「もっと遠くまで走ってみたい」という気持ち。
その気持ちにこたえてくれる非体育会系のロングライド指南書です。

その他、最近読んだ本

敗北のない競技
僕の見たサイクルロードレース 土井雪広
くるくる自転車ライフ こやまけいこ

新板図解スポーツコンディショニングの基礎理論
国際スポーツ医科学研究所