Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

強風に立ち向かえ!ロードバイクでウインドスプリントトレーニング。

ビアンキのロードバイクチェレステカラー

ビアンキのロードバイクが来てから3ヶ月目。 乗車姿勢について。初代(ジャイアント)のロードバイクもそうなのだが今回もハンドルに手が届かない(笑) と言うのもハンドルを握るとサドルの前方に座るようになる(^_^;) サドルにしっかり座ると今度はハンドルに手が届かない。

Sponser Link

これまで約2年間、手と腕が痛くなる姿勢で乗っていた。

ロードバイクの疑問解決!栗村修の輪生相談とメンテナンス用品評価。

ステムの知識は皆無だが、ネット通販で良さそうなのを探した。 それがASA-105と言う物。選んだ基準は定価の半額で安いから(^^)v

ロードバイクに標準装備されたステムは90mmだったので60mmにした。 使ってみてだいぶ疲労が軽減されたので今後は適正なポジショニングを見つけたい所だ(^^)

ビアンキのビアニローネ7SORAとシマノクリッカーを評価レビュー。
ビアンキのビアニローネ7を購入してから1年が経過したので、実際に使った感想を書く事にした。初めて買ったロードバイクはジャイアントのクラリスだったので、ジャイアン...

さてトレーニングだが連日強風が続いた。 風が強い地域なのでそれは問題ないが、風速10mを超える日はそんなに多くない。 強烈な風(ウインド)に対してスプリントで挑んだ(・∀・)

本来のウインドスプリントと異なるが高負荷がかかり、これはこれで良いトレーニングになった(・ω<)ロードバイクの本によると強風の中を走ると坂道を走る時のようなトレーニングができるとか書いてあった。坂道を探す必要がなく、家を出たら即席ヒルクライムトレーニングだ。