Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

トレニックワールド彩の国トレイルラン100mileと110Kmが新規開催。

トレニックワールド彩の国トレイルラン100mileと110Kmが新規開催。

最近は青森県の「岩木山トレイルランニング」に向けてトレーニングしている。ロードで走るのはこれまで15Kmまでだったが、24Kmの起伏走も導入した。更に山でのトレイルラン練習も加えたので、岩木山トレイルランニングの当日は楽しく走れるだろう。

Sponser Link

比叡山インターナショナルトレイルラン

2016年は50Km前後のトレイルランに3度出場する。なので、同じような距離の大会について書いてみる。まずは「比叡山インターナショナルトレイルラン」だ。滋賀と京都を隔てる比叡山で開催され、琵琶湖の眺めは美しいが、登りがキツイ挑戦しがいのあるコースだ。

昨年の第1回の優勝タイムは男子が6時間10分36秒(土井陵)女子が7時間7分21秒(丹羽薫)した。今年は上田バーティカルレースを優勝した吉住友里やハセツネ30Kで2位の高村貴子・UTMF4位の丹羽薫が有力視されていた。

比叡山トレイルラン2016の大会結果。

仙台杜の都フォトロゲイニング体験リポートで走るチェックポイントを探して撮影した画像。

滋賀県大津市の比叡山で5月28日土曜日に開催された比叡山インターナショナルトレイルラン(比叡山50k)は男女、大瀬和文・吉住友里の良選手が優勝した。これにより「IAUトレイルランニング世界選手権」の日本代表が内定した。

ハセツネ30K優勝者とトレイルランナー山田琢也のUTMF挑戦。
ハセツネ30Kでの出来事は衝撃的だった。なんたって1位でゴールした牛田美樹・吉住友里選手がレインウェアを装備してなくて失格。出走前の装備チェックでレインウェアを...

吉住友里って選手は最近よく優勝しているなハセツネ30Kも幻の優勝だったしな。今大会も男女総合で5位だった。女子のリザルトは以下の通り。

2位は6時間59分で大石由美子。3位は23歳の大学生高村貴子。4位は丹羽薫5位は上田愛6位折戸小百合。滋賀県には遠征できないが興味のある大会である。

トレニックワールド100mile&110m開催。

ハセツネCUP等がIAUトレイルラン世界選手権代表選考レースになった。

トレニックワールド主催の大会はこれまで3度出場した外秩父トレイルラン2回とトレニックワールドIN越生・都幾川だ。このトレニックワールドの大会はエイドが充実しているので、あまり食料を持たずに走れるのが非常に良い。ただ、誘導員はいないから道に迷う時がある。

この大会が開催される越生・都幾川・飯能周辺は「ファントレイルズ100K」も開催されている。2016年はファントレイルズ100KのFT50に参戦するぜ!

トレニックワールド100mile&110m詳細。

[100mile]制限33時間・関門16カ所
参加費22000円 定員200人

[110K]制限28時間、関門10カ所 
参加費18000円 定員200人

北丹沢12時間耐久レースから岩木山トレイルランニングに変更。
熊本県の自身で熊本城の天守閣瓦が崩落した。来年の熊本城マラソンは開催されるのだろうか…。熊本城マラソン・姫路城マラソン・大阪マラソン・高知龍馬マラソンでそれぞれ...

9月開催だから、UTMF・STYと同月開催だな。10月はハセツネCUPがあるし、時期的に参加は難しいが、110Kmの部なら完走したいものだ。