Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

東京マラソン2016に向けてランニングフォームをチェックした。

東京マラソン2016に向けてランニングフォームをチェックする女性。

昨年9月に膝を傷めたが、12月に走れるようになった。走れるようになっただけで完治した訳ではないが、走れるのは非常に嬉しいものだ。走りたくても走れなかった3ヶ月間は苦痛だった。(腸脛靭帯炎ではなく、膝の内側が痛い)

スポーツジムのトレッドミルの隣で走っているランナーを横目にただ歩くのみ。とは言え歩くだけでは足腰強化にならないので、マシン最大の斜度11%にして歩いていた。走りたいのに走れないのは無念。

東京マラソン2016の抽選結果発表!当選・落選どっちだ?
映画のホビットとミュータントタートルズを見た。最近の映画はスターウォーズやハリーポッターの様に複数話続く映画が多い。 トレイルランやロードバイクの大会に出...

一番ひどいのは動かなくても痛みが出る事。この現象に陥るのは今回で2度目。前回は無理してランニングを続けた為、完治まで1年かかった。それを教訓に普段は走らないと決めたのだ。

Sponser Link

膝が痛くても3大会にエントリー済み。

既にハセツネCUP(日本山岳耐久レース)・神戸マラソン・湘南国際マラソンと参加を決めていた。(トレイルランナーとして1番重要なのはハセツネCUP)3大会走り終えて膝の状態が悪化すると思いきや悪化しなかったのは幸い。

痛みの原因を追求してみると日常生活からしてつま先に重心を置いている。踵に体重を乗せていないのだ。実際にミズノの店で足型計測してみるとやはり踵よりつま先で重さが計測された。どうりでバランスが崩れやすい訳だ。

アシックス製ニューヨーク4靴底の減り方からランニングフォームを検証した図。

だが、原因は1つではない。走っていて足が地面に着地する時に若干ブレるのだが、問題は着地後である。着地した足が横に流れる為、次に着地する時に更なるブレを生む。

その衝撃が膝にきて故障する悪循環が発生している。その為、シューズ踵の右下だけ極端にすり減るのだ。要するに地面に着いた足を真後ろに下げられれば良い。

理想的なランニングフォームを目指して。

靴の減り方からするとO脚ガニ股の傾向にあるのだろう。歩いていた気付くのは足が地面に着地した後に足を真後ろに下げるのではなく斜め後ろに移動している。ウォーキングは(マラソンの本によると)2本の線を歩くイメージが良いそうだ。

女性限定トレイルランニングツアーin新庄西田由香里講師。

色々ランニングフォームをチェックしているが、金哲彦さんみたいな人に指導を受けている訳ではないので改善が難しい。

最近はバーベルスクワットやレッグプレスを中心に筋力増強を図っているので筋肉を鍛えてランニングフォームに気を付ければいずれ改善するだろう。※楽観的

ためしてガッテン「最新捻挫治療」

記事を書いた後に試してガッテン捻挫(ねんざ)についての放送を見たら踵の外側だけがすり減っている人はもはや人間の足ではないそうだ(笑)

人間には足首に前距腓靭帯があるのだが、この靭帯が機能していないから外側だけすり減る訳だ。(それが原因で膝を痛める)

東京マラソン2016抽選倍率11.3倍に当選した4年間の軌跡。
9月16日に東京マラソンの抽選結果が発表された。当日の15時頃トレーニングを終えて帰宅すると東京マラソンエントリーセンターから「東京マラソン2016抽選結果のご...

対策は腓骨筋群を鍛えると良い。親指付け根を中心に踵上げトレーニングをすると腓骨筋と前距腓靭帯が発達するそうだ。※20回1セットで1日2回。そう言えば昔テコンドーでかかと落としの練習したな。

間もなく東京マラソン2016の参加案内が到着する。結構資料(広告)が多いようだが、こう言うのを見るといよいよ東京マラソンを走るんだなと実感できる。参加賞Tシャツのデザインも気になる。