Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

飯野航が砂漠マラソンのサハラレースで初優勝!グレートレースNHK。

砂漠マラソンのサハラレースで飯野航が初優勝マウンテン・スポーツ。

マウンテン・スポーツマガジン2016SUMMERの本を買って読んでたらなんと!飯野航選手がサハラレースで優勝と記載があった。飯野航選手はNHKグレートレースに何度か出演しているマラソン会の強者だ。以下は最新号

飯野航1979年生まれ2011年のサハラマラソン出場の為、本格的にトレーニング開始。2014年マダガスカルレース2位2015年トルデジアン2016年ヴィヴラム香港9位サハラレース優勝。世界的に活躍するウルトラマラソンランナー。

Sponser Link

2016年のサハラレース優勝。

アタカマ砂漠マラソンは灼熱の暑さで過酷なレース。

参加費3700ドル参加人数214人完走率91%距離7日間で250Km走破。1日の平均距離は37~77Kmで、7日間の合計タイムで競う。食料や装備品は全て持参。テントと水だけは支給される。

具体的な距離数は1日目37Km2日目42Km3日目42Km4日目41Km5日目77Km6日目77Km7日目10Km。

距離だけ記載したが、なんたって砂漠のなかを思い荷物背負って走るんだからその苛酷さは計り知れない。何もない砂漠のコースだから道を見失う可能性もある。

常に先頭を走る体力と精神的な負担。

UTMF・STYの抽選で落選して追加募集のエントリーに挑戦した女性。

1日もトップを譲らず、7日間全てのステージを1位で通過したんだから凄すぎる。「余裕のある日なんて1日もなかった」と言うが体力的にも精神的にもかなり大変だっただろう。

後方を走るランナーなら足跡を目印にしたり、踏み鳴らされた道を進めるが終始先頭を走る飯野航選手はそれができない。

前半と後半の4日間はキャンプ地が海沿いにあって海風が強くて非常に寒かったそうだ。それに対して中盤の2日間は風がなくてかなりの猛暑40度を超える暑さは選手の体力を奪う。

重い荷物を背負って砂漠を走る。

runner-579129_640-min

7日間で必要な物は全て自身で持って走る。食料・衣類・寝袋・ヘッドライト等の装備品。食事は1日2000カロリー以上の摂取が規定されている為、軽くて栄養価の高い麺類を中心に持参。荷物の総重量は5.6Kgで選手の中で2番目の軽さだった。

アタカマ砂漠マラソンを7日間走り続けた偉大な完走者達。
NHKの「密着!アタカマ砂漠マラソン」を再放送していた。2011年の大会だが、日本から樺沢秀近選手が参加。グレートレースにも出ていた人だな。グレートレースって数...

日数が進むとリタイアした選手が増えてってテントのスペースが広くなる。共に戦った選手が居なくなるのは寂しいが、残った選手達とは仲が深まる。飯野航選手は今後も過酷なロングレースに挑むとの事。サハラレースで優勝した飯野航選手についての詳細は「マウンテン・スポーツマガジン2016SUMMER」に書かれている。売り切れる前に買うべし。