Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

仙台泉ヶ岳トレイルランをハセツネCUPの練習として走った。

仙台泉ヶ岳トレイルランでハセツネカップの練習して必勝を誓う少女。

仙台泉ヶ岳トレイルラン前回記事の続き。

30Kmのコースが25Kmに短縮された為、例年スタート直後は下りなのに対して今年はいきなりの登りである。

最初は緩やかで苦労しないのだが、いくら進んでも登りが終わらない(^_^;)

仙台泉ヶ岳トレイルランでサロモンスキンプロ14+3を投入。
仙台泉ヶ岳トレイルランと同日開催のウルトラトレイル・マウントフジは完走率50%以下だったとか。きっと悪天候が影響したのだろう。悪天候と言えば仙台泉ヶ岳トレイルラ...

しかも舗装路が雨で濡れているので滑る。序盤なのに心肺機能が一杯一杯になってくる。

話しによると第2エイド以降がトレイル区間らしい。トレイルに入ればなんとかなるだろう。そこまで膝の痛みが悪化しなければよいが…。

Sponser Link

最初のエイドステーションに到着。

第1エイドに到着ヴァームとバナナを補給。ヴァームは味が飽きやすい。アクエリアスも飽きてくる。ポカリスエットはその甘さのせいか飲み飽きない。昨年はチョコーレートが置いてあったが、今年はなかった。

林道をひたすら走る。幸い泥んこ地帯はないようだ。どれだけ他のランナーに抜かれても無理せず進む。

第2エイドに到着。コカコーラはありがたいが事前準備の為、炭酸が少し抜けている。

仙台泉ヶ岳トレイルランやっとトレイル区間に突入。

膝が痛いせいか気分的に前に進みたくても全然進まない。ハセツネカップの練習どころか、この仙台泉ヶ岳トレイルランを攻略するのに全力になる。

仙台泉ヶ岳トレイルラン2015山岳地帯を進むトレイルランナー達。

仙台泉ヶ岳トレイルランは前半は頻繁にエイドステーションがある事からハイドレーションの水は500ml弱にしていた。食料もアミノバイタルゼリーアップル味1個だけだ。

第3エイドに到着。去年ボランティアがエイドさんですよーって叫んだらランナーがエイドに「さん」を付けるの?って言ってた場所だ。そりゃーエイド3だからな。

仙台泉ヶ岳トレイルランザバスリカバリープロテインで回復。
仙台泉ヶ岳トレイルランと同日に開催されていた「ウルトラトレイル・マウントフジ」のリザルトが発表された。完走率 UTMF男子 41.9% UTMF女子 39.9%...

この第3エイドは山岳地帯にある為、水しかない。だが、次のエイドに「焼きおにぎり」があるらしい。既にゼリーを消費して空腹だったので、焼きおにぎりとコカコーラが出る事を期待してコースを進む。

仙台泉ヶ岳トレイルラン次回記事に続く。