Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

柴田桜ハーフマラソンは満開の桜を見る花見ランニングで土曜日開催。

土曜日開催の柴田桜ハーフマラソンは満開の桜を見る花見ランニング。

宮城県の柴田町で開催される桜マラソン。例年4月中旬に開催されるが、2017年は満開の桜の中、ランナー達が駆け抜けた。数年前まで10Kmの大会だったが、ハーフマラソンが新設された事で、人気を博した。(参加賞Tシャツのデザインが好評)

ロードランナー用ウエストポーチはワコールCW-Xとマンタレイに決定。
普段使ってるウエストポーチがあるのだが、予備でもう1つ欲しくなった。マラソンに限らず不測の事態に備えて2つ持っておきたいのだ。これまでトレーニング用にノースフェ...

仙台市で開催される大会と違って地方で開かれる開会に関わらず、大勢の人たちが訪れる。田舎の景色を桜を見ながら走るのだ。参加費用も安く、3500円でハーフマラソンを走れる。仙台国際ハーフマラソン(6000円)とは大違いだ。

サブ4達成の為にアシックスのライトレーサーTS6を購入した感想。
一般のマラソン用のシューズはアシックス・ニューヨークとミズノ・ウェーブライダーの2足を持ってるのだが、新しい靴が欲しくなった。楽天市場でポイント20倍キャンペー...

同じ宮城県で開催される阿武隈リバーサイドマラソンは2500円、山形県の東根さくらんぼマラソンは4000円で参加できる。仙台国際ハーフマラソンの人気と参加費用は高すぎる。ちなみに宮城県には初めて公認コースのフルマラソンが開催される。宮城復興マラソンと言って参加費は1300円。

Sponser Link

土曜日開催が嬉しい柴田桜ハーフマラソン。

柴田桜ハーフマラソンは満開の桜を見る花見ランニングで土曜日開催。

柴田桜マラソンの特長は土曜日開催である事。これは嬉しい。足が疲れても翌日の日曜日はゆっくり休める。車であれ電車であれ仙台市には1時間程度で帰れる。日本全国で探しても土曜日開催のマラソン大会は希少な存在だ。日曜日開催だと翌日の仕事を考えると憂鬱になるからな。

アシックスのインナーマッスルタイツとワコールCW-Xで走った感想。
これまでワコールCW-Xのジェネレーター(ロングタイツ)を使っていたが、両膝の部分が破けたので新しいタイツが欲しくなった。機能性タイツとしてのジェネレーターの性...

田舎町のコースだが、見事なまでに桜が咲いてるから景色を楽しめる。都会から参加するランナーなら驚くだろうな。21Km走ってもコンビニエンスストア1件あるかどうかの自然あふれるコース。都会で疲れた精神を癒やすのに最適な大会だ。

柴田桜ハーフマラソンを完走したら花見に直行。

柴田桜ハーフマラソンは満開の桜を見る花見ランニングで土曜日開催。

柴田町は一目千本桜で有名な街。柴田町から大河原町に掛けて桜が連なる。船岡城址公園や白石川堤一目千本桜は屋台が多く、夜桜も鑑賞できる。特に船岡城址公園では24mもある巨大観音様(船岡平和観音)の中に入れたり、スロープカーにも乗れる。

まだ舗装路でマラソンしてるの?山を走るトレイルランを楽しもう!
「走る」と言えば舗装路を走るマラソンが一般的で、競技人口も多い。運動をしてない一般人からすればフルマラソンを完走するだけでも凄い事だ。フルマラソンを完走したらど...

ハーフマラソンを走っても走らなくても見逃せない花見スポットだ。また、柴田桜マラソンが開催される場所の近くにトレーニングに最適な場所がある。太陽の村と言って激坂につぐ激坂なのだ。時折、柴田高校や仙台大学の学生と思われる人達がトレーニングに励んでいる。

柴田桜ハーフマラソン概要

柴田桜ハーフマラソンは満開の桜を見る花見ランニングで土曜日開催。

毎年4月中旬開催ハーフマラソン定員数2000人・参加費3500円。受付時間 大会当日(託児所あり)7時から9時まで ハーフマラソンは9時30分スタート。