Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

強風吹き荒れる中、ロードバイクで身体を鍛えるトレーニング。

フィットネスジムで背伸びする若い女性。

トレーニングを続けて行くうちに余程の事がない限り筋肉痛にならなくなってしまった(T_T)という事で(2013)年末はウェイトトレーニングDVDを鑑賞して新たなトレーニング方を導入!

ベンチプレスとバーベルスクワットが主なトレーニングだったが、ダンベルフライ・ダンベルプルオーバー・コンセントレーションカールを行い、これまであまりやってなかった腹筋とレッグカールも行う。

Sponser Link

更に強風が吹く中、風に向かってロードバイクで疾駆!(4~5km位)

ツールド東北2016走行管理ライダー(ボランティア)の選考結果発表。

ペダルを1回こぐのも一苦労(^_^;)折り返して加速してスピードUP。(今度は風に押される)これを2往復繰り返した。そしたら見事に全身筋肉痛にする事ができた(^^♪久々の全身筋肉痛なので嬉しいぞ!そして大晦日は回復に専念。

2014年新年を迎えた。

昨年2013年の1月から12月までの計12人の自分が同じマラソン大会に出場できたら間違いなく1位12月・2位11月・3位10月・・・と言うように数字に反比例した結果になるだろう。それだけトレーニングを積み上げてこれたという事だ。

3ヶ月経過するとトレーニングの効果を実感し、6ヶ月で大分効果が出てきたと思える。年前の自分と比べるとまるで電車から新幹線に乗ったぐらいの進化を感じる。

毎日UTMFに出る事を考えている。UTMFに出るにはSTY、STYに出るには・・と、まだ時間が必要だ。2014年も進化あるのみ♪ハセツネCUPやSTYの距離は70~80km程だ。 今現在では走る事は叶わないが、どれ位の距離なのか知っておきたい。また、ロードバイク初心者の当初の目的は100km走る事でもあるだろう。 と言う訳でロードバイクで80km走行してみる事にした。

ロードバイク走行コースは片道40kmで往復80km。

蔵王ヒルクライムの復活とツールド東北・センチュリーライドにロードバイクで看過する選手達。

後でわかったが、コースの一部はサイクルフェスタ丸森(ツールド丸森)と同じだった。 朝から強風が吹き荒れる。天気の良い日を待っていたのではいつまでも走れない。 ましてやトレイルランでもロードレースでも天気は選べない。足の痛みが出ると思ったが、全く出なかった(^^)

特に膝はスポーツ整形外科に行っても原因不明の痛みで、治ったのも何が原因か不明。2013年の4月に痛めて翌年1月に回復だから9ヶ月かかったな。 後は腸脛靭帯炎が完治すれば地獄のトレーニングを導入できる(^^♪ ハセツネCUPやSTYはこの80kmを夜通し山中で走るんだな~。気持ちはすぐにでも走りたいが、実力はまだまだ(^_^;) 修行は続く。