Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

ハセツネ30K優勝者とトレイルランナー山田琢也のUTMF挑戦。

ウルトラトレイル・マウントフジSTYの装備をチェックした後にノースフェイス製のインパルスジャケットを着た少女。

ハセツネ30Kでの出来事は衝撃的だった。なんたって1位でゴールした牛田美樹・吉住友里選手がレインウェアを装備してなくて失格。出走前の装備チェックでレインウェアを確認後、それを持たずにレースに出たそうだ。

ノースフェイスとサロモン製トレイルランニングザックを評価。
トレイルランナーになった当初から購入した装備を書いてみる。最初に購入したザックはノースフェイスのマーティンウィング10だ。一般のリュックサックと違ってその軽さと...

天気は雨が降る様子はなかったそうなので、レインウェア無しで出走したトレイルランナーは沢山いたと思うし、私でも同じ事をしただろう。ただ、優勝を争うようなランナーと制限時間ぎりぎりで完走するランナーは立場が違うからな。

Sponser Link

2016年のハセツネ30K装備チェック。

トップランナーは注目され、模範となるべき人達だから必携品は持つべきと言う主催者側の判断なのだろう。今回の件によってトップランナーは勿論、一般のトレイルランナーも装備に気を使うようになるな。

指差す若い女性

ちなみに私は2014年のハセツネ30K・2015年のハセツネ30K・日本山岳耐久レースと3度出場したが、装備チェックはなかった。2014年のハセツネ30Kで山岳保険証の確認が1回あっただけだ。

最終的な優勝者は男子は奥宮俊祐・女子は松岡宏美選手となった。松岡宏美選手は秋の日本山岳耐久レースにも参戦予定で今回のハセツネ30Kで2位になった高村貴子選手とのバトルが見ものだ。

トレイルランナー山田琢也のUTMF挑戦。

裸のアスリート2で放送していたトレイルランナー山田琢也を見た。10代からスキーのクロスカントリーをしていて29歳にトレイルランナーに転身。これまで700以上の大会を感想してきたが、唯一UTMFだけは完走できなかった。

ウルトラトレイル・マウントフジのロゴマーク

トレイルランニングに出会ったのは2008年。2013年のUTMFではゴールまであと10Kmの地点でリタイア。再挑戦の為に過酷なトレーニングに励む。

UTMFに挑むにあたって早朝5時から長野県の山でザックに重さ6Kgの本を詰めて走る。その状態で標高900mの山を駆け抜ける。

2015年のウルトラトレイル・マウントフジに再挑戦。

大阪マラソンの抽選に応募したが、落選した少女。

スタート直後の青木ヶ原樹海ではコース上のマーキングを頼りに進む。雨で悪路になった為、体力の消耗が激しい。3つ目のエイドをたった10分間の休憩で再スタート。50Km地点までで283人がリタイアしている。

スタートから10時間後に4つ目のエイドに到着。マッサージを受けるも不調は続く。胃と右膝が痛むが40分間の休憩で出発。スタートから15時間後に6つ目のエイドに到着。休憩しするも回復の見込みがなくて90Km地点でリタイア。

UTMF・STY抽選結果発表ウルトラトレイル・マウントフジ。
毎朝起きてこのブログがきちんと表示されているかを確認している。設定を変更したり、プラグインを更新すると表示されなくなる可能性があるからだ。ワードプレスのテーマも...

毎日過酷なトレーニングしている山田琢也でも走り切るのが難しいのがUTMF。2015年の完走率は58.5%だった。

私はSTYの抽選で2015年・2016年と落選しているが、2017年には完走できるよう日々トレーニングに励むぜ!