Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

ファントレイルズ100K飯能中央公園で必携品確認後FT50を走る。

奥宮俊祐選手とハイタッチしてトレイルランニング大会FT50を走る。

2016年9月にOSJ安達太良山トレイルランを完走したら次の目標はファントレイルズ50K(FT50)の完走である。制限時間が昨年の14時間から15時間に延長されたので、登りと舗装路を無難に通過すればおのずとゴールできるだろう。(得意の下りを走る)

Sponser Link

FT50の為に準備したトレランギア。

ノースフェイス製TRコンポ10とマンタレイベストが並んでいる画像。

これまでトレイルランニング大会には11回参加したが、厳密に装備チェックがあるのはこのFT50が初めてだ。STYやUTMF用にある程度のトレランギアは準備してたので、2016年に購入したのはレインウェアとレインパンツ、そしてフリースだけだ。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100K・FT50体験記。
2016年も各種大会に参戦して11月は最終戦のFunTrails100K(FT50)となった。今年は2月の東京マラソンを走ってから岩木山トレイルランニングフェス...

バックパックはこれまでのマーティンウイング10からベスト型のTRコンポ10に変更したから総額4万円だな。TRコンポ10はSTY女子優勝の宮﨑喜美乃選手や鏑木毅選手が使ってたから興味があったのだ。

ファントレイルズFT50の必携装備品。

スワローテイル・ベントフーディー(NP21668)

携帯電話・携帯コップ・保険証・1L以上の水・食料・ライト2個(予備電池含む)・サバイバルブランケット・フード付きレインウエア(ジャケットとパンツ)完全防水で透湿機能を持ち、縫い目をシームテープで防水加工してあるもの。防寒用長袖シャツ(フリースやソフトシェル)とロングタイツ、上記装備を収納するザック(バックパック)

サロモンS-LAB12SETノースフェイスのTRコンポ10のどちらを使うか考えたが、前回OSJ安達太良山トレイルラン50Kで使い勝手の良かったTRコンポ10で走る事にした。マンタレイベルト(腰に巻いて使う)と併用すると収納性が増してより便利にジェルを取り出せる。

サロモントレイルランニングシューズ。

奥宮俊祐選手とハイタッチしてトレイルランニング大会FT50を走る。

トレイルランニング用シューズは諸事情により主力のスピードクロス3を使えない。なので、予備で持っているモントレイル・バハダで挑む!シューズの特製を述べるとバハダは万能型で幅広い場面で使用可能。ロードからトレイルランに転向する人にも最適。バハダの性能を維持してグリップ力を上げるならモントレイルの「カルドラド」が良い。

スピードクロス4(4が最新型)は山をガシガシ走るのに向いていてグリップ力が抜群な上に雨への抵抗力はバハダ以上だ。運悪く今回のFT50当日は雨となった。雨ならスピードクロスを使いたかったが、残念。雨でバハダを使用するのは不安があり、その不安は的中する。

FT50飯能中央公園で当日受付。

奥宮俊祐選手とハイタッチしてトレイルランニング大会FT50を走る。

5時半に宿泊先を出発。飯能駅周辺で宿泊したから飯能中央公園まで15分くらいだろう。日の出時間は6時20分だけに外は真っ暗だ。雨が降り続いて止む気配はない。当日の天気予報は12時まで雨と表示されていた。

飯能中央公園の受付はトレイルランナー達で一杯だ。雨で皆がテント内に入るからかなりの混雑具合。初めての装備チェックは無事通過。何か1つでも不足品があれば出走不可能となる。そう言う意味では前日に受付した方が安心だ。物によっては購入可能だからな。

思えばFTR100の選手達は5時にスタートしてるんだよな。悪天候の中105Km走るんだから本当に凄い事だ。受付後、1時間待ってスタートラインに整列。スタート前なのにモントレイル・バハダは既に浸水している。さて今後どうなるか。