Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

東北地方のトレイルランニング大会一覧!(完全保存版のまとめ記事)

トレイルランニング大会は首都圏が主流で東北地方の大会は少ない。首都圏のようにハセツネCUPやスパトレイル・北丹沢12時間耐久レース等、長距離(40Km以上)のレースがほとんど無いから県外遠征は当たり前である。

OSJ安達太良山トレイルランニング50K完走記と装備品を公開。
OSJ安達太良山トレイルランニング50K前回記事の続き。相変わらず(鏑木毅も使用する)エプソン MZ-500 が頼り。そして今回はノースフェイスのTRコンポ10...

そんな数少ない東北地方のトレイルランニング大会を紹介。これから紹介するほとんどの大会は実際に参加して完走してきた大会である。

Sponser Link

青森県のトレイルランニング大会。

弘前城を観光して岩木山トレイルランニングで45Kmに挑戦。

青森県では「岩木山トレイルランニングフェスティバル」と「青森トレイルランニングin大鰐」が開催される。岩木山トレイルランは名前こそ「トレイルラン」だが、山は走らないから本当の意味でのトレイルランではない。つまり、スタートからゴールまで舗装路と林道だけなのだ。7月開催で距離は15・30・45Kmの3種類。場所は弘前市だから弘前城を観光すると良い。

岩木山トレイルランニングはマラニックで舗装路と林道のコースだ。

青森トレイルランニングin大鰐は100年の歴史を持つ大鰐温泉スキー場で6月に開催される。オフロード率99%以上で標高差のあるコース。距離は10と20Kmの他、子供向けコース(1.5Kmと3Km)がある。温泉と宿泊施設が豊富なのが魅力。

秋田県と岩手県のトレイルランニング大会。

STY女子優勝の宮﨑喜美乃選手使用のTRコンポ10を評価レビューしたトレイルランニング。

秋田県では10月に「AKITA Trail Run Festival in まんたらめ」が開催。コースは4Kmと28Kmがある。2人ペアで走ったり、前夜祭があるのが特徴。秋田市のシンボルである太平山(標高1170m)を攻略できるか?

七時雨トレイルランに参加するランナー達が全員で集合写真を撮影。

岩手県では6月に「七時雨マウンテントレイルフェス(カルデラトレイル) 」が開催。距離は3・10・33Kmがある。アクセスは盛岡駅から荒屋新町駅下車(所要時間役80分)で、荒屋新町駅からタクシー15分だが、タクシーだと高額な費用が発生するので、無料送迎バスを活用しよう。

山形県のトレイルランと石段マラソン。

初心者向けトレイルランニング練習会に参加する若い女性達。

山形県では9月に「蔵王スカイランニング」が開催。レースプロデューサーは知る人ぞ知る「松本大」選手。富士登山競走のようにひたすら登り続けるのが「スカイランニング」は登りでの短距離走とも言える。ロードバイクで言うなら「ヒルクライム」だな。メインレースである「ZAOスカイレース 」はスカイランニング日本選手権の位置づけで、国内屈指の山岳ランナーが集結する。

FunTrails50K完走時のトレイルランニング装備を一挙公開!FTR100
FunTrails50Kを無事完走したので使用したトレイルランニング装備を公開する。このFT50は雨の中でのスタートとなり、道中も濡れた路面と泥道に苦労した。ト...

また、トレイルランニング大会ではないが、富士登山競走のように登り続ける大会がある。それは「羽黒山石段マラソン全国大会」と言って約2500段の石段(階段)を駆け上がる。10月開催で、山形県鶴岡市で行われる。距離は6Kmだが、2446もある石段を走って登るには強靭な足腰と心肺機能が必要。

宮城県みちのく湖畔FUNトレイルフェスタ

トレイルランナー上宮逸子選手が名古屋市に転勤なので送別会をした。

次は宮城県だが、2017年から「みちのく湖畔FUNトレイルフェスタ」が新設された。みちのく杜の湖畔公園(宮城県柴田郡川崎町)で3月に開催される。3歳から小学生までの3Kmと中学生以上の6Kmの部がある。当日エントリーできる希少な大会だが、事前申し込みなら500円安くなる。

アルティメイトディレクションのランナーズベストとホカオネオネ比較。
これまでノースフェイス(エンデュランスベスト)・サロモン(スキンプロ12セット)・グレゴリー(ルーファス8)・ウルトラスパイア(ザイゴス)を紹介したきた。今回も...

宮城県では特殊なトレイルランニング大会が開催される。その名も「雄勝町海の幸トレイルラン」だ。7月開催で、走るより食べるのがメインな大会。前夜祭の海の幸を食べるのが主目的で、走るのは二の次。距離は25Kmで、200人しか参加できないから毎年エントリーが早期終了される。

読めば完璧!トレイルランニングのブログ記事10選(攻略対策情報)
トレイルランニングと言えば背中に背負うザック(バックパック)である。これからトレイルランニングを始める人達はどれを買えば良いのかわからないと思う。トレイルランニ...

8月には「蔵王トレイルラン」が開催。距離は36Kmで、本格的なトレイルランニングコースだ。初心者には厳しいコースなので、フルマラソンを完走できる走力が欲しい。レースプロデューサーは奥宮俊祐選手。

仙台泉ヶ岳トレイルラン2015会場に集まるトレイルランナー達。

9月には「仙台泉ヶ岳トレイルラン」が開催。東北地方としてはかなりの人気大会で、最長の33Kmはエントリー開始から3日間で終了するほど。他に12Kmと17Kmがあり、ハーフマラソンを完走する走力があるなら挑戦したい。

経験を積んだら福島県の安達太良山トレイルラン50Kに挑戦。

OSJ安達太良山トレイルランニング50K和尚山と船明神山の絶景を見るトレイルランナー。

東北地方屈指の難易度を誇る大会がOSJ安達太良山トレイルラン。50Kと表示されるが実際は45Km。観光地としても有名で、日本百名山にも含まれる安達太良山が中心のコース。急激な登りが延々と続いたり、川を綱渡りしたり、アドベンチャー要素満点。天気が良ければ地球とは思えないほどの絶景を見れる。

安達太良山から和尚山を経由して銚子ヶ滝へ向かうトレイルランナー。

制限時間が13時間と余裕があるので、ゆっくりでも走り続ければゴールできる。初心者だと歩く時間が長くなるので、制限時間に引っかかる。過酷なコースに挑む精神力も必要だから他のトレイルランニング大会で実力を付けてから挑戦しよう。前日の宿泊先は「岳温泉」がメインになる。宿泊施設は少ないので、参加を決めたら早期に宿を確保しよう。

トレイルランニング大会で人気のベスト型バックパック5選まとめ。
トレイルランニングを始めてからどれだけのバックパックを使っただろうか。ノースフェイスの「マーティンウイング」「FRレースベスト」「エンデュランスベスト」「TRコ...

以上、東北地方のトレイルランニング大会を9つ紹介した。他にも知られざる大会があるだろう。東北地方をメインに活動するトレイルランナーならOSJ安達太良山トレイルランは完走したい。