Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

ウルトラトレイル・マウントフジUTMF・STYの抽選受付開始。

ウルトラトレイル・マウントフジUTMF・STYの抽選受付2016に応募した2人の若い女性達。

3月に入ったので、間もなくトレイルランニングシーズンが始まる。冬は寒くて寒くて大変だった。トレイルランの主要大会も募集を開始している。※この記事の文章と画像は一致していない。

UTMF・STY2016開催日決定ウルトラトレイル・マウントフジ。
ウルトラトレイル・マウントフジ2016(UTMF・STY)の参加資格と開催日が発表された。2015年は9月末開催で雨と泥のレースだったから今回は変更もありえると...

新潟県のECHIGO COUNTRY TRAIL50Kmは初開催で、他にスパトレイル・北丹沢12時間耐久レース・御岳ウルトラトレイルも募集開始している。トレイルランではないが、後日募集開始の富士登山競走エントリーはかなり白熱するだろう。

Sponser Link

ウルトラトレイル・マウントフジ抽選受付開始。

昨年から春開催のウルトラトレイル・マウントフジが秋開催に変更された。それに伴って抽選受付も3月1日に早まっている。優先出走権保持者はウルトラトレイル・マウントフジのホームページから、それ以外はランネット経由でエントリーする。

ウルトラトレイル・マウントフジ2016抽選受付開始。

2015年にSTYの抽選にハズレたので、今年はなんとしても当選して完走したい。募集締切日2016年3月15日で抽選結果発表は4月1日。参加料金UTMF3万6000円 STY2万4000円。

累積標高差UTMF約7500m・STY約3700mとの事だが、今年はどちら周りのコースになるのか!?STYは天子山脈を通過するかしないかで大違いだからな。そう言えばハセツネCUP(日本山岳耐久レース)前後にトレランザックを2つ追加したので合計4つになった。

ノースフェイス製とサロモン製のトレランザック。

マーティンウィング10と16・サロモンスキンプロ14+3・S-LAB12SET。4つは多過ぎなので、ヤフオクに出品してマーティンウィング16とサロモンスキンプロ14+3が旅立って行った。

ウルトラトレイル・マウントフジ2016抽選受付開始。

スキンプロはハセツネCUPで1回使っただけだったな。今後はマーティンウィング10を練習用・S-LABを本番用にする。

それにしてもS-LABと言うプロ仕様とも言えるザックを入手出来たのは良かった。このS-LABはハイドレーションは付属しないが、ソフトフラクコが2個付属する。別売りのハイドレーションを使えば2.5lの水分を持ち運べる優れもの。

S-LAB12SETにハイドレーション装着。

ウルトラトレイル・マウントフジ2016抽選受付開始。

既にサロモンのハイドレーションを持っていたが、ホースを何処から通すのか不明だった。S-LAB愛用者はかなりいるので、ランプラストレイルにも載ってるだろうとページを捲る。

確かにいくつかの写真に写ってるが、肝心のハイドレーションホースが見当たらない。これでは参考にならんな・・・と思っていたら白馬国際トレイルランに参加した梅宮アンナさんの写真があった。なんだか違和感があるなーと思ってじっと写真を眺めていたら違和感の謎が解けた。

梅宮アンナさんのハイドレーションホースは背中から肩を超えて胸部分に先端が来ていたが、S-LABを見ていて気がついた。この商品はホースを通す専用穴があってそこを通すと腰部分から胸部分、つまり下から上にホースを持って来れる。

UTMF・STY2016開催日決定ウルトラトレイル・マウントフジ。
ウルトラトレイル・マウントフジ2016(UTMF・STY)の参加資格と開催日が発表された。2015年は9月末開催で雨と泥のレースだったから今回は変更もありえると...

謎が解けたので、心置きなくトレイルランニングを楽しめる♪後はSTYに当選するだけ。