Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

UTMB2017日本人当選者は303人!土井陵や原良和・松永紘明も参加。

UTMB2017日本人当選者は303人!土井陵や原良和・松永紘明も参加。

UTMBとはフランスをスタートしてスイス・イタリアを経由後にフランスに戻る。トレイルランニングでは世界最高峰の大会である。距離は170Km(100マイル弱)でUTMB以外にもCCC・TDS・OCCと複数のカテゴリーがある。

UTMB挑戦者達と完走を目指したウエイト・筋力トレーニング。
三栄書房から発売されたランプラストレイルのUTMBチャレンジャーズを買ってからUTMBに向けたトレーニングをしている。と言ってもまだUTMBを完走する走力は無い...

アマチュアでUTMBに挑戦して優勝や入賞と言った結果を残せればスポンサーが付いてプロのトレイルランナーになれる。鏑木毅選手はアマチュアだったが、UTMBで3位になった事でプロトレイルランナーの道が開けた。

Sponser Link

UTMB2017抽選結果発表。

OSJ安達太良山トレイルランニング50K和尚山と船明神山の絶景を見るトレイルランナー。

昨年12月15日から募集されていたUTMBに日本人564人がエントリー。その内、303人が当選した。2016年の285人を超える日本人ランナーが2017年のUTMBに挑戦する。UTMBに挑戦できるなんて、とても羨ましい。

FunTrails50K完走時のトレイルランニング装備を一挙公開!FTR100
FunTrails50Kを無事完走したので使用したトレイルランニング装備を公開する。このFT50は雨の中でのスタートとなり、道中も濡れた路面と泥道に苦労した。ト...

実際に当選した日本人をUTMBホームページで見れる。UTMBのページを開いたらRUNNWRS>THE2017RUNNERS>COUNTRYでJAPANを選択するとエントリーした日本人全員を見れる。抽選結果表示でStatuteの欄が「To Pay」なら当選で「Refused」は落選。「Registered」は優先出走権での当選か、当選後にエントリー手続きを済ませた事を表す。

日本人有力選手達の動向。

日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)第1関門浅間峠に向かう女性トレイルランナー。

当然ながら有力選手は抽選なしで出走する。170KmのUTMBの他、101KmのCCC・119KmのTDS・55KmのOCCも抽選結果が発表された。UTMBは2016年と同様の人気だが、CCCとOCCは日本人参加者が増えた。TDSも世界全体で見ると定員を超えている。

スピードクロス4レビュー!サロモントレイルランニングシューズ。
いつも愛用しているサロモントレイルランニングシューズ(スピードクロス3)グリップ力が抜群で浸水しても水捌けが良いのが特徴。そのスピードクロス3に最新モデルが発売...

UTMB参加者2016年で女子8位になった丹羽薫・2015年11位の土井凌・2013年UTMF優勝の原良和・NHKグレートレースで放送された砂漠マラソン優勝の飯野航。その他、松永紘明・須賀暁選手。CCC参加者2016年IAUトレイルランニング世界選手権代表の太田美紀子・大松智恵・滝川次郎。

鏑木毅のエプソンMZ-500と奥宮俊祐ガーミンfenix3J Sapphire比較。
初めて購入したGPS時計はポラールのM400HRだったが、電池が6時間しかもたないのが残念。あと、心拍センサーを胸に巻くのが冷たくて嫌だった。更に心拍センサーは...

TDS参加者2016年HK100で7位の大瀬和文・黒田清美・上宮逸子・湯浅綾子。OCC参加者2016年CCC2位の上田瑠偉・原朋子。昨年のCCCで準優勝した上田瑠偉選手が距離の短いOCC(55Km)に出るのは意外だ。原朋子さんは原良和さんの妻だろう。

日本のUTMFは2018年春開催。

スピードクロス4レビュー!サロモントレイルランニングシューズ。

UTMBは落選した翌年に優先出走権があるから参加しやすい。対して日本のUTMFはトップランナーの優先出走権はあっても抽選に関する優先出走権は存在しない。UTMF(STY)に2年連続落選した私としてはUTMFにも落選後の優先出走権を与えて欲しいものだ。

石川弘樹のグレゴリールーファス8と山本健一ザイゴス2.0評価。
石川弘樹のグレゴリールーファス8と山本健一ザイゴス2.0は何処にも売ってない。と言うか生産数が少な過ぎて希少な存在になっている。そもそもグレゴリールーファス8と...

ちなみにUTMFは2015に悪天候、2016年に距離短縮(STYは中止)になった事から2018年春の開催が決定された。UTMBに挑戦する前に2018年のUTMFに向けてしっかりトレーニングしよう。