Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

WBAとWBCのボクシング世界王者が過去最多8人になった!

WBCのチャンピョンベルト

K-1リングへの入場曲を以前から曲名を知りたいと思っていた。それは佐竹雅昭の入場曲だ!なにげに思い出したので調べてみると怪獣大戦争マーチと言う曲である事が判明した!!今聴いてもいい曲である。しかし歌詞(歌)はないのか・・。

本日のトレーニングは合計30キロのダンベルを持ち、スクワット中心で、筋力トレーニング!!パンチングボールも打ち、テコンドーの蹴りの練習もした。毎日トレーニングしても肉体が強化されてる実感が無い。

Sponser Link

ボクシング王者の西岡利晃がラスベガスで防衛戦。

昨日、2011年10月2日のに米ネバダ州ラスベガスで挑戦者マルケスを破り7度目の防衛を果たした。BSでエキサイトマッチをよく見ていたが、日本人チャンピョンがラスベガスのリングに立つ事はないと思っていた。

しかし、4度のウィラポンとの戦いでベルトをつかめなかった西岡が、あきらめる事無く5度目の挑戦で緑のベルトを手にして舞台に上がることとなった。

しかもこれで連続7度の防衛はもちろんその内、海外防衛は2度目で最年長防衛記録更新と凄い事ばかりだ。試合は常に冷静でディフェンスが冴えていた。それが冷静でチャンスを逃さないオフェンスにつながったのだろう。

WBCバンタム級のベルトを山中が獲得したことにより王者が8人となった。

その内のミニマム・バンタム・スーパーフェザーはWBA・WBC共に日本にある状態だ。しかし、フェザー級のベルトが無いんだよね・・。国内ジム所属の現役世界王者

内山高志(WBAスーパーフェザー級)
粟生隆寛(WBCスーパーフェザー級)
西岡利晃(WBCスーパーバンタム級)
亀田興毅(WBAバンタム級)
山中慎介(WBCバンタム級)
清水智信(WBAスーパーフライ級)
井岡一翔(WBCミニマム級)
八重樫東(WBAミニマム級)

長谷川穂積と粟生隆寛の防衛戦。

今週の26日にボクシングのダブル世界タイトルマッチがある。長谷川・粟生共に2階級制覇が掛かっている。 チャンピョン側の選手は見たこともなく、どんな戦い方をするのか不明だが、日本の挑戦者にはぜひとも勝利してほしい所である。 12月26日には亀田祭りがあって交渉次第では長男の試合が世界戦になるらしい。

後日談。 凄い!長谷川穂積と粟生隆寛が揃って2階級制覇とは・・。 粟生は王者に対して体格を生かして的確にパンチを当てて流れをつかんだ。 だが、中盤以降はガードを下げ、状態のみで攻撃を回避しようとするも被弾する場面が多かった。一方の長谷川は私の予想ではスピードを生かして戦うものと思ったが、実際には「ガチ」のファイタースタイルで戦っていた。

しかしパワー重視で戦っていても長谷川はスピードで部がある為、リーチのなさをカバーできたようだ。 いずれにしても粟生はほぼ5ポイント差 長谷川はほぼ7ポイント差での勝利とは見事である。 来月は亀田の試合がある。