Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

白石蔵王高原ハーフマラソン最大斜度10.5%の激坂に挑戦。

白石蔵王高原ハーフマラソン激坂注意の黄色いロゴマーク。

9月13日はロードバイクイベント「ツールド東北」の開催日である。

去年同様「走行管理クルー」をするつもりだったが、気付いた時には募集終了していた(ノ∀`)アチャー

東京マラソンに落選して悲しそうなポニーテールの少女

仙台泉ヶ岳トレイルランまで日数があるので、13日は「白石蔵王高原ハーフマラソン大会」に出場する事にした。※厳密には距離20Km

Sponser Link

ロードレースは大の苦手だが、克服したい。

舗装路のマラソン大会に出場するのは古賀はなももマラソン以来の半年ぶり。

ハーフマラソンに出場するのは松島ハーフマラソン以来なので1年ぶりである。

最近は「トレイルラン以外の大会に参加しない」方針だったし、実力を試す為にフルマラソンを数回走る程度だった。なので、ハーフマラソンは2度と走る事はないと思っていた。

見せてもらおう激坂の厳しさを!

ロードレースは本当に苦手。これまで何度も大会に参加してきたが、足が痛くなる思い出しかない。(トレイルランニングは主に土の上だから足は痛くならない)

激坂で有名な東和ロードレースと比べてどんな感じなのだろうか?松島ハーフマラソンより起伏は激しいのだろうか?ならば実際にコースを走って来よう。

白石高原ハーフマラソン大会の参加賞Tシャツ。

ホームページを見ると参加賞Tシャツのデザインは中々の物だ。矢印が右上に向かっている様子が、ニューガンダムのダブルフィンファンネルを飛ばしているようだ(笑)

激坂込みで制限時間2時間10分と書いてある。色々とハーフマラソンに参加してきたが、いつも2時間20分でゴールしている。今回は難攻不落の坂を乗り越えて記録更新せねばならん(・_・;)

白石蔵王高原ハーフマラソン大会会場に到着。

久しぶりのロードレースと言う事もあって前日は全然寝られなかった(T_T)

会場は一般のマラソン会場と相違ない。体調は良くないが、起伏に飛んだ激坂コースを攻略すれば自身にとって非常に価値のあるトレーニングとなる(^o^)v

白石蔵王高原ハーフマラソン大会会場

受付でゼッケンを引き換え。昔ながらの胸に付ける計測タグにちょっと驚き。

ウォーミングアップを兼ねてスタート付近のコースを視察。

白石蔵王高原マラソンの起伏と激坂&ポラール時計初使用。
白石蔵王高原ハーフマラソン後編。スタート直後は無理しない程度に飛ばす。私が力を発揮できるのは下りのみ。関門閉鎖時間は15Km地点で11時35分、17.5Km地点...

「・・・」かなりの勾配だ。得意の下りでいかに早く走るかが勝負だ。

エイドステーションに食料はないらしい。いつも5Kmから10Km付近で腹が減るのでジェルを携帯。

そしてスタート!

白石高原ハーフマラソン大会次回の記事に続く。