トレイルランニング装備はこちら
Sponsored Link
人気記事一覧

アミノバリューランニングクラブ福島県復興マラニック参加。

栄養補助食品 ハーフマラソン
Sponsored Link

 

5月4日にアミノバリューランニングクラブ主催の復興マラニックに行ってきた!

今回で第3回の開催なのだが、参加人数はどれほどかと思っていた。

Sponsored Link

当日遠征では受付に間に合わないので、前日にテント泊。

当日参加者は30人程度だった。千葉県や東京都から来る人もいるとは・・。

ファンランで数千円の参加料はいかがなものかとも思ったが、ある程度の粗品を進呈されたので良しとする。

大塚製薬の人は「これらを全て取れば万全なので、本日中に使って下さい」と言っていた。
聞こえはいいが、商品の賞味期限が短い物ばかりで最短は2週間後。
貰い物なので別に構わないが、必然的にすぐ消費するようになる。

特にランニング手袋は使える!最近は日差しが強くなってきたから。

昨年はランナーでありながら全く日焼けせずに過ごす事ができた。

今年も万全にそして徹底的にUV(紫外線)対策して日焼けを防ぐ。
(日焼け止めが諸刃の剣である事を最近知った)

コースは実力に応じて3種類あり、参加するのは中級のパノラマ・県民の森コース。
マラニックって少しはトレイル的な所も走るのかと思ったが全て一般路。

途中、安達太良山登山マラソンのコースでもある表登山口とスタート地点のアットホームおおたまも通過。
景色は良かったし、坂道もあってトレーニングになった。

GWは4月26日から15kmラン・坂道ラン・ロードバイク・安達太良山登山・25kmマラニックと足が壊れる一歩手前まで非常に良いトレーニングが出来た(・∀・)

最近はいかに筋肉(筋繊維)を壊すかだけを考えてトレーニングしている。

大塚製薬で開催してるだけあって、エイドではアミノバリューを飲む事ができる。

なので通常はトレーニング前後にアミノ酸を摂取するが、それも不要。

マラニック終了後には温泉へ。と言っても足だけの湯。
足湯にしては深さが有り、温度も高めで疲労回復に役立った。
後日、手だけの湯もあると知った。

コメント

トレイルラン用品紹介

以下の記事を読むとトレイルランニングに詳しくなれます。

山を走るならサロモンのアドバンスドスキン12セットが最適な理由。
世界で最も使用されているトレイルランニング用ザック。それはサロモンのアドバンスドスキン12セットだ。UTMFやUTMBを含むあらゆる大会で使われている。アドバンスドスキン12セットなのは2016年モデルまでで、2017年からは「ADV SK…
速くなるウルトラマラソン・トレイルランのトレーニング方法を紹介。
フルマラソンを完走したら次の目標はウルトラマラソンを目指すランナーもいるだろう。また、ウルトラトレイルランナーとして100マイル(160Km)を目指すランナーもいる。

フルマラソンの教科書は山ほどあるが、これらウルトラ…

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。
これまで、トレイルランニングで使える装備品を紹介してきた。バックパック(リュックサック)やシューズ・ヘッドライト・レインウェア等。これらの装備を一通り揃えたら普段使ってる補給食やサプリメントを確認したい。充分な水分と栄養素があるからこそ力を…
最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介…
春夏の日差し対策!軽くて涼しい紫外線を防ぐCW-Xのランニング帽子。
日焼けしたくないので、帽子は1年中活用している。特に春から夏は必須の日焼け防止アイテムである。日焼けを帽子で防止するのだ(笑)冬でも帽子があれば暖かいからあって損はない。冬は一般的な帽子とニット帽を併用している。お陰で部屋の中は帽子だらけに…
長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。

Sponsored Link