ハセツネ30Kの制限時間が7時間に!去年完走できなかったので再挑戦。
Sponsored Link

ハセツネ30Kの制限時間が7時間に!去年完走できなかったので再挑戦。

ハセツネ30Kの制限時間が7時間に!去年完走できなかったので再挑戦。 ハセツネCUP(50Km超)
Sponsored Link

更に今回のハセツネ30kは「あきる野市ふるさと納税エントリー」と言うのがあった。開催地のあきる野市に3万円の納税(寄付)をすると大会に参加できる。 上限は300人だが、どれだけの人がこの参加枠を活用したのだろうか。

そのハセツネ30kの会場への交通手段は11日夜行バスで出発して12日朝大会参加、完走後の夜に再び高速バス。翌13日の朝に帰宅と言うスケジュールだ。帰りだけは疲れてるので新幹線にしようと決めた。

Sponsored Link

新幹線移動はプロトレイルランナーになった気分。

ハセツネ30kスタート直後

だが、「えきねっともっとトクだ値」で事前受付したのだが、座席を確保できなかったのだ(^_^;)今大会は制限時間が7時間に延長された為、受付時間が短縮されている。受付時間に間に合うか心配だったが、無事時間内に到着。

昨年は制限時間6時間30分を超えた為完走証を得られなかったが、その後1年間トレーニングを積んできた。 今年は制限時間が7時間なので時間的に完走は確実。なので5時間から6時間30分に完走する事を目標にした。

トップランナーはスタートからぶっちぎる。

人混みの中、準備を済ませてスタート地点へ。 去年はスタート直後、全力疾走に近い状態で走って心肺機能が持たなかったので、無難に走ると決めていた。 本来、スタート直後は加速して渋滞になる前に山岳地帯に入るのが良いのだ。

今回、ハセツネ30kに参加するにあたって対策を考えていた。 去年はストックを装備して走ったが、ロード区間とトレイル区間が交互に現れるので邪魔になる場面があった。更に水と食料が尽きてしまい、後半は空腹の状態に陥った。

Sponsored Link

スタートから無難な走りで前へ前へと進む。

ハセツネ30k渋滞に並ぶトレイルランナー

なので今回は愛用のブラックダイヤモンド・ウルトラマウンテンの出番はなし。 重くなると走れないので、水と食料については昨年と同様とした。舗装路の苦手な私としては一刻も早くトレイル区間に進みたい。

Tシャツに薄いシェルを着ただけでも汗が出るほど暑い(^_^;)渋滞に並べば寒くなるので、最初からシェルを着て走ったのだ。 去年走ったとはいえロード区間の景色は覚えていない。初めて走るコースと思えるほどだ。

この時点で後ろから100位といった所か。

ハセツネ30k渋滞に並ぶトレイルランナー

渋滞地点の少し前で順位を上げておきたかったのだが、去年とはコースが変更になったようでそのままの順位で選手達と並ぶ事となった。並んでいるとロードバイクライダーが2人現れた。1人はデローザに乗っている。

トレイルランの大会に出場しているとやたらロードバイク乗りに遭遇する。 そうマウンテンバイクではなく、ロードバイクなのだ。 ロードバイクについては先日ロングライドをしてきたばかりなので、今はこの「トレイルラン」を存分に楽しみたい(^^♪

少しづつ列の前に進んでいくが動いてないので体は冷えるし、標高も高くなっているので寒くて震えそうだ。(・_・;) やがて渋滞の発生源である北沢峠登山口に到着。 やっとトレイル区間に入った。山に入ればこっちのものだ(^^)v ハセツネ30k次回の記事に続く。

コメント

大会前に宿泊先を予約しよう!

大会前の宿予約は楽天トラベル!
日本全国の宿を探せる楽天トラベル。 スポーツ大会にエントリーしたら部屋が空いてるうちに予約しよう。楽天トラベルなら大会会場に近い宿も探せる!
タイトルとURLをコピーしました