トレイルランニング用品が激安超特価!
PR

ロードバイクの醍醐味はブルベにあった!女性も参加200Kmの完走方法。

ロードバイクの醍醐味はブルベにあった!200Kmから1000Kmの完走方法。 ロードバイクのペダル・シューズ・ホイールの商品レビューカテゴリ。
この記事は約5分で読めます。

ブルベとは自転車で長距離走行するイベントで、主にロードバイクが使われる。

最低200Kmから1200Km以上の距離がある。

規定距離を走破するとその記録が認定され、完走メダルを獲得できる。これが目的で参加するライダーは多い。

200Kmから300Km・400Kmと進められるから空手や柔道の段位認定試験のようなものだ。

空手も柔道も昇級・昇段すると帯の色が変わる。

同様にブルベでは認定メダルが変わるのだ。参加費用も1000円代から始められるのは嬉しい。

ロードバイクを予算内で購入!ギア数と自転車メーカーから選ぶ極意。
この記事では初めてロードバイクを購入する人向けにロードバイク本体とその他ヘルメットやサイクルウェア選びについて書いた。 女性の場合は「ロードバイク女子の可愛い服装は?初心者女性のブラとスカート」の記事を読もう。 ロードバイクは8万円程度から...
Sponsored Link

ロードバイクがあるならブルベに挑戦!

東北地方のロードバイクイベントやヒルクライムレースの大会一覧。

実際にはロードバイクでなくても参加できるが、ロードバイクでないと苦労する。

一般の自転車では無理があるし、クロスバイクやマウンテンバイクは長距離走行に向かない

そんなロードバイクで100Km走れるようになったら挑戦したいのがブルベ。ブルベは超人だけが参加するイベントではない。

それなりにロードバイクに乗ってる人なら完走できるようにコースと時間が設定されている。

フルマラソンで例えるなら制限時間6時間だな。

6時間あれば10Km歩いたとしても完走できる。なので、6時間でゴールするランナーは極めて少ない。

ブルベも無理せず、進み続ければ時間内にゴールできる

ロードバイク洗車方法!高圧水洗いで簡単に汚れを落とす。時短で安い。
ロードバイクに乗ってれば汚れるのは当たり前、外での保管なら乗らなくても汚れる。安くて簡単に汚れを落とす方法はないのか?そんな事を考えながらロードバイクを洗車した。以前は洗車場で洗ってたが、出費が大きいので、新たな方法を考えだした。

ブルベ初挑戦!ロードバイクで200Km走行。

ロードバイク入門!ヘルメットやグローブの選び方とメンテナンス。

「スポーツエントリー」で参加申込を済ませたらイベント当日の準備だ。

どうやってスタート地点に行くのか?近場なら自走で行けるが、スタート前から疲れるデメリットもある。

車ならロードバイクを乗せて駐車場の確保も必要。電車(輪行)は楽だが、動いてる時間が限られる。

ブルベだからと言って急ぐ必要はない。

むしろゆっくりの方が良いのだ。平均速度20Km出ていれば上出来。初のブルベは完走できればそれでいいのだ。

序盤は集団走行になるから前との距離感に注意しつつ前を向いて走ろう。サイクルコンピューターやGPSに気を取られては事故の元だ。

美山走希
美山走希
自転車のパンク修理は100円でできる!工具不要で簡単安上がり。
パンク修理キットはダイソー・セリア・キャンドゥと言った100円ショップで売っている。パンク修理に必要な道具は紙やすり・穴を塞ぐパッチ・ゴムのり・タイヤレバーの4つ必要。ダイソーで全て揃って100円(税抜き)だったので、常備している。ゴムのりはしっかり保管しないと自然蒸発してしまう。

ブルベの休憩時間にしっかりエネルギー補給。

トレイルランやロードレースで必須の補給食やサプリメントを紹介。

ブルベではチェックポイントとして特定のコンビニエンスストアが定められる。

コンビニエンスストアのレシートで店舗名と通過時間がわかるからだ。

折角、コンビニに着いたのだからおにぎりやパン・ドリンクで補給しよう。しっかり休憩する事も大事だ。無理なく参加できるのがブルベだが、必携品もある。

ヘッドライト・テールライト・パンク修理キット(交換用チューブ)サイクルコンピューター・レーパン等。

GPSは高価だが、道迷いを防止できるので時間短縮になる。

また、ブルベ中は複数回のパンクありえるので、前もって準備が必要。

アマゾンプライム会員になっておけば「お急ぎ便」を使って即日、宿泊先に送ってもらう事ができる。

ロードバイクはどこか故障しても部品を売ってる店は少ない。そんな時、アマゾンプライム会員になってれば即納してくれるからありがたい。

Sponsored Link

ブルベ200Km完走に必要な物。

Natori City Cycle Sports Center

ロードバイク用品はAmazon楽天市場で安く買える。ホイールはアマゾンミュージックが最安。

  1. サイクルジャージ
  2. サイクルパンツ
  3. ソフトシェル(パールイズミ推奨)
  4. スマートフォン(長時間用)
  5. モバイルバッテリー
  6. JCF公認ヘルメット(大会による)
  7. サングラス
  8. ベル(キャットアイ推奨)
  9. 反射ベスト
  10. ビンディングペダル(シマノ推奨)
  11. ビンディングシューズ
  12. フロントライト(300ルーメン以上)
  13. リアライト(尾灯)
  14. サイクルコンピューター(ナビゲーション必須)
  15. 輪行袋
  16. ボトル(夏は2本必須)
  17. 携帯食料

不足してるのを買うのは当然だが、ブルベを機に新調するのも良い。新たな気分でブルベに挑めるからな。

Sponsored Link