Sponsored Link

ダイエットで体脂肪や体重を減らす秘訣は「筋肉づくり」にあった。

ダイエットで体脂肪や体重を減らす秘訣は「筋肉づくり」にあった。 読書・その他
Sponsored Link

健康や体力づくりに適切な栄養摂取は必須。それと同様にサプリメント(栄養補助食品)だけを摂取しても筋肉は付かない。筋肉を付けるには栄養摂取と適切なトレーニング、そして睡眠(休養)が必要だ。

最速で水分補給できるサロモンのハイドレーションとソフトフラスク。
トレイルランニングの大会ならいち早く水分補給したいものだ。いちいちバックパックから取り出して給水なんてあり得ない。現在は背中に背負うハイドレーションか、胸に付けるソフトフラスクの2種類がある。そのハイドレーションとソフトフラスクの違いを紹介...

例えば筋肉作りには筋肉に適切な負荷をかけて寝るのが重要。プロテインを始めとしたサプリメントはトレーニングと睡眠がしっかりなされてこそ効果を発揮する。栄養・運動・睡眠の3つがあれば女性や中高齢の人でも筋肉が発達する。

Sponsored Link

ダイエットするなら筋肉を付ける。

ダンベルトレーニングを行うポニーテールの若い女性。

体脂肪を減少させる場合も運動と食事の両方が必要。運動時に体脂肪を燃焼するサプリメントを使用すればダイエットしやすくなる。食事制限で体脂肪を落とそうとしても体脂肪のみならず、筋肉量も減少してしまう。

真冬の寒さでも頭を保温するニット帽!スポーツ仕様のビーニーとは?
12月以降はとにかく寒くて外を走るのが億劫になる。特に頭部を冷やすと風邪やインフルエンザの原因になる。ならば頭を冷やさなければ良いのだ。春夏に使う野球帽では風通しが良くて冷えてしまい、強風が吹けば飛ばされる。冬仕様の帽子が必要だ。 ...

筋肉が減少すると基礎代謝も低下して食事制限を辞めた時に以前より太りやすくなる。つまり、極端な食事制限をしてもリバウンドにより元に戻るのだ。体脂肪の燃焼には有酸素運動が有名。

ゲルDSトレーナーでサブ4確定?アシックスのマラソンシューズ比較。
初心者からサブ4を目指すランナーへ。マラソン用ランニングシューズはナイキ・アディダス・アンダーアーマー・アシックス・ミズノと主要メーカーがある。ランナーになった当初はナイキとアディダスばかり履いていた。 ある日、国産であるアシ...

近年のスポーツ科学では有酸素運動にウエイトトレーニングも行うとより体脂肪を燃焼させられる事が判明している。ウエイトトレーニングで筋肉を付ければ基礎代謝が上がって日常生活に必要なエネルギー量が多くなる。必要なエネルギー量が多くなればそれだけ体脂肪が燃焼しやすくなる。

アスリートは筋肉で体脂肪を燃やす!

UTMF・STY抽選結果発表で当選して飛び上がって喜ぶ美少女。ウルトラトレイル・マウントフジ。

上記に書いた事を少しまとめよう。引き締まった身体を作る為だけでなく、アスリートの世界でも健康やパフォーマンスの向上の為に体脂肪を減らす事が重要。体脂肪を減らすには適切な栄養摂取が必要。

春秋で快適に走れるノースフェイスとサロモンのロングスリーブとは?
極寒の冬を乗り越えたらトレイルラン・シーズンの開幕。フリースやトレーナーはしまって春物の出番だ。そんな春と秋の季節に着れる長袖を購入した。夏でも標高1000m以上に登るなら1枚持っていて損はないからな。 いつものように「アマゾ...

エアロビック(エアロビクス)のような有酸素運動で多くのエネルギーを消費するよりも筋肉を付ける方が体脂肪を燃焼できる。なぜ、筋肉を付ける事が体脂肪を減少させるのか?

GEL-DS TRAINER23評価!アシックス最新作でサブ4目指して走る。
サブ4を達成するにはどの靴を履けば良いのか?フルマラソンはサブ4さえ達成できれば満足だ。と言うか、サブ4.5でも満足だがな(笑)それはさておき、靴を買うならまずはメーカーだ。 これまで、ナイキとアディダスを使ってきたが、最近は...

筋肉を動かす、つまり筋肉を収縮させるにはエネルギーが必要。筋肉が多いほど消費エネルギーは増える。それは運動をしてない安静時にも言える。消費エネルギーが多ければ脂肪も燃えやすい。

体脂肪を減らしても筋肉量は減らさない。

奥宮俊祐選手のトレイルランニング大会FunTrails100KのFT50体験記。

筋肉が1Kg増えると1日に燃焼するエネルギー量は100キロカロリーから200キロカロリー増える。(ご飯1杯分が160キロカロリー)なので筋肉を5Kg増やせば1日に燃焼するエネルギーは500キロカロリーから1000キロカロリー増える。

サブ5・サブ4の練習に最適!大会で結果を出せるマラソンシューズ。
シューズのアッパーや、サイド部分には柔らかい素材が使われていて足を保護する。ソールはニューヨーク6に似ていて、滑りにくい。ニューヨーク6を履いてたなら違和感なくDSトレーナー23を履ける。サブ5からサブ4を目指すなら必須のシューズだ。

エアロビック(エアロビクス)トレーニングで体脂肪を減らしても根本的な解決にはならない。体脂肪と筋肉が同時に落ちては意味が無いのだ。ダイエットで適切な体重を維持するにはエネルギーを燃やす為の筋肉づくりが必要なのだ。その為には有酸素運動だけでなく、ウエイトトレーニングは欠かせない。自宅で手軽にできるダンベルトレーニングがお薦め!

読書・その他
Sponsored Link
この記事を友達とシェア(共有)
星野希望をフォローする
Sponsored Link
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました