ジャイアントリブ(LIV)ストアとハヤサカサイクルでのロードバイク選び。
Sponsored Link

ジャイアントリブ(LIV)ストアとハヤサカサイクルでのロードバイク選び。

ジャイアントリブ(LIV)ストアとハヤサカサイクルでのロードバイク選び。 ロードバイク
Sponsored Link

最近まで乗ってた二代目のロードバイクの引き取り手が見つかった。なので、新しいロードバイクの購入を考えた。初代はジャイアントのウインドマーク2700、二代目はビアンキのビアニローネ7と乗ってきた。新しい物を買う時は気分がウキウキする。

ビアンキのビアニローネ7SORAとシマノクリッカーを評価レビュー。
ビアンキのビアニローネ7を購入してから1年が経過したので、実際に使った感想を書く事にした。初めて買ったロードバイクはジャイアントのクラリスだったので、ジャイアントのロードバイクと比較しつつレビューする。(画像は初代ジャイアント) ...

ましてや、長年使うロードバイクだからな。これまで買った2台のロードバイクは楽天市場で購入した。当然フォームチェックもなければ試乗もないから、大きめのフレームだなと感じていた。なので、今回は実店舗でロードバイクを探した。

Sponsored Link

ハヤサカサイクルでロードバイク探し。

ロードバイク初心者必見!サイクリング時の服装やサドルバッグ紹介。

ハヤサカサイクルは多種多様なブランドを扱っている店私が言った店にはジャイアント・スペシャライズド・トレック・スコット・コルナゴ・ビアンキ・メリダが置いてあった。自転車を見てても店員から声をかけられないのが嬉しい

パールイズミ和柄桜ジャージ評価!サイクルグローブとサングラスも。
今回購入した桜ジャージは翡翠(かわせみ)と言う2017年モデル。2018年モデルは「桜と橋」の名で販売されている。最近、「桜と橋」も値下がりして来たので、7000円付近になったら買う予定。デザインが素晴らしいので、部屋に飾っておこうかな。

じっくり、自分のペースで品定めできる。「サイクルベースアサヒ」に行ったら知識のない店員が張り付いて迷惑だった。客より知識のないおばさん店員が出てきてどうするんだ?以前ボトムブラケット交換に行ったらギア変速できなくなった。

スコットのフルカーボンCR1が欲しくなった。

パールイズミのファーストジャージとサイクルパンツ購入!サイズ感は?

話をハヤサカサイクルに戻す。本当に色んな車種があって目移りする。購入時の目安はこれまで乗ったジャイアントとビアンキ以外で探す事。そしてコンポは105を選ぶ事。初代がクラリス・二代目がソラと乗ったんで次は105だ。

ロードバイクで使いたい!大容量6Lのトピークバックローダー購入。
ロードバイクは荷物を積む所が無い。それは当然だが、ロングライド(長距離走行)時にはそれなりの収納スペースが必要。フレームにボトルを2本装着できるとはいえ、夏場では予備があれば安心。雨季ならレインウェアも積みたい。 これまでリア...

そして見つけたのがスコットのCR1。2017年モデルだが、フルカーボンの105で税抜き16万円。グレーのカラーリングが好印象だった。カーボンフレームでも16万なら安い。今後はスコットのCR1を基準に探そう。

Sponsored Link

ジャイアントリブ(LIV)ストア見学。

ジャイアントストア(リブストア)の建物。

スコットなら街であまり見かけないし、カーボンフレームの乗り心地も感じたい。弱虫ペダルの今泉俊輔が乗ってたのもスコットだから悪くない。次はジャイアントリブ(LIV)ストア見学だ。店が郊外にある為、トレーニングも兼ねて行ってきた。

ジャイアントストア(リブストア)の建物。

ジャイアントLIVストアまで30Km走ったぜ(マラソンランナー)そして到着して、店内を見学。ロードバイクを品定めしてたら女性店員がやってきた。若くて知識もある。サイクルベースアサヒの店員と大違い。

ディスクブレーキ搭載のコンテンドSL1が気になる。

ジャイアントリブ(LIV)ストアとハヤサカサイクルでのロードバイク選び。ジャイアントリブ(LIV)ストアとハヤサカサイクルでのロードバイク選び。

ロードバイクは毎年、新しいのが発売される。型落ち品は2割引で売られる事が多い。今回のジャイアントストアでは1月から安売りされていた。3月に行ったら安売り品はなくなっていた。なので、最新モデルのロードバイクで探す事になった。

ヤフオクやメルカリで自転車(ロードバイク)を買って大丈夫?購入感想。
ロードバイクを購入する為、実店舗を見て回った。購入候補となるブランドはジャイアント・スコット・トレック・スペシャライズドだ。これに関しては「ジャイアントリブ(LIV)ストアとハヤサカサイクルでのロードバイク選び」で書いた。 車...

105以上のロードバイクを探していると女性店員に伝えるとコンテンドシリーズを紹介された。コンテンドSL1なら15万円で予算内だが、ディスクブレーキ搭載機だと17万円。色も好みだったが、予算オーバーで断念。

ジャイアントLIVストアは値引きなしの定価販売。

ジャイアントリブ(LIV)ストアとハヤサカサイクルでのロードバイク選び。

スコットのCR1からしてカーボンフレームについて尋ねるとどれも20万円するとの事。そしてジャイアントでは値引きしない定価販売である事を知らされた。ジャイアントは定価販売な代わりに基礎点検(メンテナンス・工賃)が無料なのだ。

ジャイアントリブ(LIV)ストアとハヤサカサイクルでのロードバイク選び。

その他、パンク修理や輪行セミナー・ロングライドイベントも無料。パンク修理もメンテナンスも自分でできるからお得に感じない。「ヤフオクやメルカリで自転車(ロードバイク)を買って大丈夫?購入感想」に続く。

ロードバイク
Sponsored Link
この記事を友達とシェア(共有)
星野希望をフォローする
Sponsored Link
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました