スポンサーリンク

筋力トレーニングをするなら必須アミノ酸やグルタミンを摂ろう。

筋力トレーニングをするなら必須アミノ酸やグルタミンを摂ろう。 ハーフマラソン
スポンサーリンク

筋肉づくりに最も役立つアミノ酸とは何だろうか。人間の体を構成するアミノ酸は20種類ある。この20種類のアミノ酸が筋肉づくりに必要。特に「必須アミノ酸」(BCAA)を充分に摂取する事が重要。次に必要なのが「グルタミン」である。

明治ザバスのプロテインを買ってアシックスのロングコートを入手!
数年前ダンベルでトレーニングするようになってから常にホエイプロテインを摂取している。かつてタイプ1ストレングスを2.5Kgを購入して使っていた(5年くらい)しかし、マラソン大会の試供品で「アクアホエイプロテイン100」を試飲したら中々の味と...

グルタミンは必須アミノ酸ではないが、筋肉づくりを進める上で重要なアミノ酸である。ボディービルダーはグルタミンは必要不可欠なサプリメントとして扱われる。グルタミンは必須アミノ酸に匹敵するほどの役割を果すのだ。

スポンサーリンク

筋力トレーニングとグルタミン。

猫背を治す方法は筋力トレーニングにあった!姿勢の悪さが改善。
グルタミンはスポーツでのサプリメントだけでなく、医療用としても重要なアミノ酸である。例えばグルタミンは骨格筋に貯蔵されているアミノ酸の60%を占めている。グルタミンがこれだけの割合を占めているなら、グルタミンがそれだけ重要な役割を担ってると言える。

長距離走で力を発揮するアミノ酸とは?糖質と蛋白質が豊富な携帯食料。
いよいよUTMF(STY)に挑戦する。3度目の抽選でようやく当選したのだ。UTMF(STY)に出場するには2段階のステップがある。まずは必要ポイント数の獲得。その後の抽選だ。特に2017年大会は開催されなかった為、出場に4年掛かった。 ...

グルタミンが不足すれば筋肉の分解が進むので、筋肉内のグルタミン量が維持されている必要がある。筋力トレーニングをすると体内でタンパク質の分解が進む。その場合、意識的に食事でグルタミンを摂取しなければ不足してしまう。

筋肉づくりと体脂肪。

ダイエットで体脂肪や体重を減らす極意は「筋肉づくり」にあった。
ウエイトトレーニングや激しいスポーツを行うと体にストレスが発生する。そんな時にグルタミンを摂取すると骨格筋を維持できる。人間の体内ではタンパク質を合成する働きが常に作用している。グルタミンは筋肉の分解を抑えて、筋肉を維持させるサプリメントなのだ。

サブ5・サブ4の練習に最適!大会で結果を出せるマラソンシューズ。
シューズのアッパーや、サイド部分には柔らかい素材が使われていて足を保護する。ソールはニューヨーク6に似ていて、滑りにくい。ニューヨーク6を履いてたなら違和感なくDSトレーナー23を履ける。サブ5からサブ4を目指すなら必須のシューズだ。

グルタミンと体脂肪の関係。大半のスポーツは体脂肪が少ない方が有利。更に筋肉を付ければ競技力向上に繋がる。つまり、体脂肪を付けずに筋肉を付ければ良いのだ。グルタミンは体内での脂肪沈着に作用するインシュリンを刺激せずにエネルギー源として使用される為、体脂肪を抑えて筋肉を維持、向上に役立つ。

グルタミンと免疫機能。

ノースフェイス製スワローテイルベントフーディーとワコールCW-Xの修理。
病気や感染症はトレーニングの妨げとなる。グルタミンは免疫機能の向上にも重要な役割を果たしている。オーバートレーニングにより免疫機能が低下している場合でもグルタミンを充分に摂取する事が必要。

東京マラソン直前対策!パスタ・カーボローディングで目標達成せよ。
東京マラソンに限らず、長距離レースならスタミナが重要。スタミナ切れしなければよりスピード重視の走りができる。オリンピックや、東京マラソンのような数年に1度しか参加できない大会なら尚更。 カーボローディングについてこれまで意識し...

ハードなトレーニングで体が消耗している時に仕事のストレスが重なったりして休養が取れないと免疫機能が低下してしまう。そんなときにグルタミンを充分に摂っておく事で病気の予防に役立てられる。

高タンパクで筋肉増強!トレーニング後に飲むべきミルクプロテインとは?
プロテインと言えば昔は高くてまずい物だった。それが進化して今では安くて美味しい物が出てきた。とは言え、携帯性の高いプロテインはこれまでなかった。アミノ酸なら携帯できる物が豊富に売られてるが、浮遊されるタンパク質は少ない。 大会...

以上のようにグルタミンは筋肉づくりや運動能力の向上に欠かせないアミノ酸である。通常の食事から必要量を摂るのは難しい為、サプリメントで摂るのが効率的である。グルタミンならゴールドジムがお薦め

ランナーはコラーゲンで関節強化しつつ怪我や病気から早期回復させる。
マラソンランナーなら膝関節を痛める事が多い。初心者ランナーなら尚更だ。マラソンランナーでなくても膝に痛みがある人は多いだろう。膝が痛い状態から更に負荷がかかると半年や1年といった長期間走れないのは勿論、悪化すれば運動してなくても痛みが出てし...

筋力トレーニングするなら準備しておこう。「ランナーはコラーゲンで関節強化しつつ怪我や病気から早期回復させる」に続く。

マラソン大会情報関連記事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました