スポンサーリンク

忘れてない?ウルトラトレイル・マウントフジSTYの装備を総チェック。

ウルトラトレイル・マウントフジの装備をチェックしたマラソンランナーの少女。 UTMF(100Km以上)

ランニングクラブに入会しているが、トレイルランを専門にしているのはどうやら私だけのようだ(フルマラソンやロードバイクはあくまでトレーニングの1つである)ロードランナーからすると山を走り続けるのが凄い事らしい。

私はロードの経験は無いし、人生初めて参加した大会が「トレイルラン」なので山を走るのは当然なのだ。
スポンサーリンク

舗装路を走るより山を走る方が楽。

STYに初挑戦!天子山地を攻略する為の必携品とタイムチャート作成。

その一方でロードランナーの走りを見ていると「連邦のモビルスーツは化け物か!?」と思う。何故あんなにスピーディーに走れるのだろうか?

こんなに違うロードランナーとトレイルランナーの走り方と行動心理。
トレイルランナーは舗装路もある程度走れないと厳しい。そんな事からフルマラソンやウルトラマラソンに出場する事も珍しくない。トレイルランの世界基準(UTMB)は170Kmだからウルトラマラソンを走って鍛えるのだ。大会では必携品と言って必ず持参すべき物が決まってたりする。その他、飲料や食料を揃えるのもトレイルランナーの楽しみなのだ。

まるでリニアモーターカーやホバークラフト・ジオン軍の「ドム」のように地面に足付いてるのかと思ってしまう。ロードバイクで言うならクライマーとスプリンターの関係だ。いずれにせよ人の適正とは面白いものだ。

スポンサーリンク

ウルトラトレイル・マウントフジの装備チェックした。

img59668749-min

前回記事の続きで、今回は残り9項目をチェックした。

①保温のためのフリースなどの長袖シャツ。綿素材は認められません。

②保温のための足首までを覆うズボンあるいはタイツ。または膝までを覆うタイツと膝までを覆うハイソックスの組み合わせ。いずれも綿素材は認められません。

③保温のための手袋、耳までを隠す帽子。

④雨天に備えてフードつきレインジャケットとレインパンツ。

どちらも〈ゴアテックス〉あるいはそれと同等の防水、透湿機能を持ち、縫い目をシームテープで防水加工してあるもの。

日本山岳耐久レースの必携品準備!エイドがないから水食料は重要。
以前書いたウルトラトレイル・マウントフジの必携品についての記事が思いのほかアクセス数が多く、ページビューもうなぎ登りならぬ鯉のぼりぐらいに上昇した(そんな表現あるか!) 2015年の春は2500PV前後だったのが、夏に入ってか...

⑤保険証(コピー不可)⑥ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)

⑦配布されるナンバーカード、ICチップ(両足につけること)

⑧配布されるフラッシュライト(夜間走行の車輌から認識されやすいよう、ザックなどにつけること)

⑨上記必携品と次に紹介する「特に勧める携帯品」を収納できるザックまたはバック。

実際にUTMF必携品を揃える。

STYに初挑戦!天子山地を攻略する為の必携品とタイムチャート作成。

①ユニクロのフリースにしておくか。
②ワコールのランニングタイツ(ジェネレーター)を装備。

③手袋ね~分厚ければ温かいがレース中、木に掴まったり細かい動作が必要。なので普通にランニンググローブかな軍手でも良い。

耳まで覆う帽子は東京ディズニーランドに行けば沢山売ってそうだ(笑)ニット帽を持っているが、分厚くて重い。楽天市場で探すか。

準備OK?ウルトラトレイル・マウントフジUTMFの装備確認してみた。
今年、ウルトラトレイル・マウントフジ(STY)の抽選に外れたが今思うとインパクトが足りなかったように思う。と言うのもエントリー時の参加資格大会で「外秩父トレイルラン43」と「トレニックワールドIN越生・都幾川」の2大会完走。 それで、...

④ミズノ製レインウェアを所持していて水を弾くのは素晴らしいのだが、これを来て運動すると熱を放出しないので汗だくになる(^^;)

ノースフェイス製ゴアテックスなんて高くて買えるわけないからモンベルのアウトレットストアで探すかな。

UTMF・STYの装備チェック対策!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備。
いよいよUTMF・STYに挑む1ヶ月前となった。ボランティアやサポート担当もそれぞれ準備している事だろう。2018年はSTYに挑戦するので、実際に必携品を揃えてみた。トレイルラン用品があまり売ってない地域もあるだろうから早めにアマゾンや楽天...

⑤カードタイプの保険証なら持ち運びが楽だ。
⑥消毒薬とガーゼの一体型がダイソーで売ってるが、軟膏剤は薬局で探した方がいいな。

⑦ナンバーカードは胸か腹に付ける決まりになっている。
⑧後方用点滅ライトは支給されるのを付けるだけ。ジェントスのヘッドライトだと標準装備だったりする。

⑨ザックはノースフェイス・マーティンウィング16とサロモン・スキンプロ12を所持している。

私がウルトラトレイル・マウントフジ(STY)に挑むのは2016年なので、色々品定めしておこうと思う。「UTMF・STYの装備チェック対策!雨具ライト電池タイツ防寒着の準備」に続く。

スポンサーリンク

トレイルランニングお勧め装備品一覧。

サロモントレイルランニングシューズ・スピードクロス4。

  1. サロモン・ソフトフラスク飲料カップ
  2. サロモン ADV SKIN 12 SET (バックパックLC1087700)
  3. サロモン・トレイルランナーショーツ
  4. サロモン・ミッドレイヤーAGILE HZ MID M(Reflecting Pond/Acid Lime)
  5. サロモン・スピードクロス4
  6. シナノ・トレイルランポール13.6プロ
  7. ノースフェイス・ノベルティーベンチャージャケットとパンツ
  8. アシックス・レーシンググローブ天下
  9. エプソン・GPS時計MZ-500(廃盤なのでスント9がお勧め)
  10. ジェントス・ヘッドライト(300ルーメン以上推奨)
  11. パナソニック・エネループ(電池)

関連記事「日本山岳耐久レースの必携品準備!エイドがないから水食料は重要

コメント

タイトルとURLをコピーしました